FX2ちゃんねる|投資系2chまとめ

スポンサード・リンク

経済学者がFXやれば絶対勝てるの?

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/29(月) 05:27:51.15 ID:Nx5WYOhz
気になる

4492652760



7: Sponsored Link 2015/12/01(株)



10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/12(月) 19:19:32.33 ID:wKFcGqLW
>>1
ノーベル賞取った経済学者が関わった投資ファンドすら見事に予想外して
潰れたの考えると無理

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/29(月) 19:34:29.62 ID:/iwcj150
昔々数学的手法を駆使して「絶対に利益が出る株式投資理論」を創り出した経済学者がおりました。
彼らはその理論によりノーベル経済学賞を受賞しました。
彼らは金融投資会社を立ち上げ実際にその理論に基づき資産の運用を行いました。

しばらくしてその会社は倒産しました(笑)
ltcmroi

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/30(火) 04:21:23.01 ID:BDVJIfiV
>>2
> 「絶対に利益が出る株式投資理論」を創り出した

こんなこと言ってません。
レッテル張りも大概にしろ、ど素人

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/31(水) 12:01:28.67 ID:g0RUrdCQ
FXだのデイトレーディングだのっていうのは単なるギャンブルなんだから、取引に有利な情報を持ってるかどうかが大事
野村證券のようにインサイダー取引をやってる所の御用学者なら儲かるけどそれ以外はさっぱりだろうね

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/02(金) 19:32:58.33 ID:TF89ZXrv
LTCMの件はよっぽど自信があったんだろうね
でもその結果ウォール街発の世界恐慌一歩手前まで行ったんだから笑い事じゃない

LTCMとは?
ロングタームキャピタル・マネジメント。1998年10月に破綻したアメリカ大手ヘッジファンドジョン・メリウェザー率いるLTCMは、マイロン・ショールズ氏とロバート・マートン氏という2人のノーベル経済学賞学者を擁し、高度金融技術を駆使して急成長、ヘッジファンドの頂点君臨した。しかし、1998年8月のロシアデフォルトに端を発する金融大混乱のなかで破綻、円ドル相場が2日間で14円以上円高になるなど、その影響の大きさにアメリカ政府支援に動き、FRB(連邦準備制度理事会)は緊急利下げを余儀なくされた。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/02(金) 19:41:49.53 ID:IKjsj6fC
>>6
>世界恐慌一歩手前

LTCMの前のアジア通貨危機、ロシア財政危機が原因だよ

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/06(火) 10:48:11.30 ID:lRCAlfBX
結局何処かに必ず予測不可能な要素は入るってことか
こういうところに今の経済学の限界を感じるな
そこらへんも包含した完璧な理論ができないとなかなか現実に使えるものにはならないな

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/09(金) 14:31:29.05 ID:XafUA96E
ケインズは株で大もうけしてたらしいからな
FXでも本気出せば大もうけできるだろう

51LWL9xFyZL__SL500_AA300_

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/21(水) 10:18:33.35 ID:1rvxJ3ZY
人為的な操作の可能性を全く考慮しない馬鹿っぷりがもうね・・・
ウォール街は不正が飛び交う生き馬の目を抜く世界だって事が全然分かってない
所詮現実を知らないエコノミストなんてこんなもん



999: Sponsored Link 2015/12/01(株)

おすすめ記事

  1. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄いver2015
  2. あの超有名FXコピペのノーカットバージョンがリアル過ぎる。
  3. 野村證券の一日を記したコピペが壮絶過ぎる。
  4. 100万→1億を達成したオールラウンドトレーダーの思考が凄い。
  5. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄い。

ツイッターで更新情報をお届け☆

コメント

    • 所詮
    • 2012年 12月 24日

    所詮経済学より八百長か。。。

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 5月 05日

    お前らゴミ屑以下憐れすぎw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク

最新記事

投資ブログ更新情報

アーカイブ

カテゴリー

当サイト人気記事

当サイト人気記事2

当サイトランダム記事

当サイト歴代人気記事

はてブ新着エントリー

はてブ歴代エントリー

ページ上部へ戻る