menu
  1. 「金」が5年半ぶり安値!インゴッド買って部屋でニヤニヤするチャンス到来…
  2. 中国株暴落で大損した投資家の姿をご覧ください。
  3. 証券会社の営業だけどなんでみんな株買ってくれないの!
  4. 原油が超絶バーゲンセール中!先物がおもしろそう!
  5. バリュー投資で65万を25億に利殖した片山晃氏のライフスタイルが堅実過…
  6. 「賃貸と持ち家の生涯コストは同じとだと言ったな。あれは嘘だ!」
  7. 人類史上最もお金持ちな人物ランキングが興味深い。
  8. 東大「メタンハイドレート実用化は嘘。コストに問題点があり過ぎて実用化は…
  9. 株とかFXみたいなギャンブルで楽して金儲けしてる奴、正直見下してる
  10. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄い。
閉じる

FX2ちゃんねる|投資系2chまとめ

スポンサード・リンク

小幡「おまえらにリフレーションの恐怖を教えてやんよ」

1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/02/10(日) 04:51:20.33 ID:???
2012年12月26日。
その日は今後の日本史において、どのように語り継がれていくことになるのだろうか。
img_1777055_64899990_0

その日から遡ること10日前の12月16日。この日行われた第46回衆議院議員選挙において、
安倍晋三総裁率いる自民党は圧勝。過半数を大きく超える議席を獲得し、民主党を与党の
座から引き摺り下ろすと、その後、安倍氏が第96代内閣総理大臣に就任。政権交代が果たされる。

そう、2012年12月26日とは安倍総理の就任日なのだ。
そして、それはつまり「アベノミクス」が発動された日ということになる。
いまや毎日のように新聞紙上を賑わしている、この円安誘導型の金融政策は、おそらく
今後の日本経済、更に言えば日本という国家全体の命運を大きく左右することになるだろう。
成功するとしても、哀しい運命になるとしても。

本書はその「アベノミクス」の中心に据えられている考え方、いわゆる「リフレ政策」の
危険性を考察し、その理論的な誤りを徹底的に批判したものだ。リフレ派と反リフレ派は、
アベノミクスの登場を待つまでもなく、様々なメディアで喧しく論争を繰り広げているが、
本書は反リフレ派の先鋭ということになるだろう。正直に言って、この場で経済論争をする
気など全くない私としては、思わぬ記述がある一定層の琴線に触れて、炎上したりしない
だろうかとやや不安でもあるのだが、それでも本書は紹介したい。なぜならば、昨年8月に
新メンバーとしてHONZに参加した頃から、「絶対にこの人の新著だけは譲ってはいけない」
と心に秘めていた1人が、本書の著者である小幡績氏だったからだ。実はずっと待っていた
のだ、彼の新著を。(とはいえ、ここまで直截的なタイトルで来るとは思ってもいなかった
けれど。)

さて、リフレ論争だ。
まずは「リフレ政策」とは何であるかについて、著者の言葉を引用してみよう。

リフレとは、意図的にインフレーションを起こすことです。

至ってシンプルだ。要するに、物価を上昇させる政策と考えればいい。ただ、著者はこの
シンプルな定義の中に重要なメッセージを持たせている。まず、「円安誘導=リフレ」では
ないということだ。物価の上昇とは通貨価値の下落を意味するので、結果的にインフレと
円安は同義かもしれないが、本書が想定する「リフレ派」の核心はあくまで物価の上昇だ。
アベノミクスに関する昨今の報道をみても円安にフォーカスしたものが多いが、リフレ派に
とって、円安はインフレを実現するための手段であって、それ自体が目的ではない。やや
クドイかもしれないが、本書においてこの関係性は重要なポイントだ。その上で、リフレ派
の主張は「物価が上昇してデフレから脱却できれば、日本の景気は回復する」という点が
暗黙の前提になっている。

ソース
http://blogos.com/article/55781/

(つづく)



7: Sponsored Link 2015/12/01(株)

3: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/02/10(日) 04:52:19.97 ID:???
>>1のつづき

整理してみよう。本書によれば、リフレ派のポイントは以下のように要約できる。
①デフレが不況の原因である。
②円安になればインフレが起こる。つまり、デフレからの脱却は可能である。
③よって、円安インフレ政策によって、景気は回復する。

本書の記述に沿ってごく単純化して捉えるならば、これがリフレ派の主張ということになる。
インフレターゲットや大胆な金融緩和、日銀法改正といったリフレ派の中心的な施策は、
①~③の基本認識のもとで、円安とインフレを実現するための具体的な手段ということに
なる。とはいえ、実際に各種メディアを賑わせているのは、多くの場合、こうした具体的
トピックに関するものが大半だ。安倍総理の就任後、明らかな円安トレンドになってきて
いることもあり、どうしても近視眼的な報道が多くなる。その時、①~③のようなリフレ派
の前提は、暗黙のうちに了解されていることが多い。しかしながら、本書のスタンスは
全く異なる。その主張の本質は、こうした具体的な政策の是非とは別のところにあり、
要するに著者からすれば、①~③の前提がそもそも誤っているのだ。

それならば、著者の立場とはどのようなものか。
私の理解では、その中心的なポイントは2つある。1つは、そもそもインフレは起こせない
ということ。そしてもう1つは、円安は日本経済を崩壊させる危険性がある、ということだ。

最初のポイントについては、もう少し厳密に記述する必要がある。著者が主張しているのは
、「通常の意味での物価の上昇」は起きないということだ。理由は単純で、今の日本に
おいては、売り手が値上げをしないからだ。物価上昇の前に、景気回復があれば話は別だ。
景気の回復に伴って給料が増えて、その結果として国内総需要が増加すれば、お店は商品・
サービスを値上げするかもしれない。でも実際は、このご時世、一時的に企業の業績が
多少改善した程度で、給料はすぐに上がらない。値上げすれば、更なる売上の低迷を招く
だけだ。著者はこう言っている。

景気をよくするためにインフレを起こすこと、それは無理なのです。
つまり、因果関係が逆なのです。

通常の意味でのインフレは、起きない。ただし著者は、それでも日本がインフレになる
場合として、2つのパターンを挙げており、そのいずれもが円安と密接に結びついている。
まずは輸入インフレだ。輸入品の値上がり、あるいは原油や資源の輸入コスト増大によって
、製品価格を引き上げざるを得ないケースだ。もう1つは資産インフレだ。これには日銀に
よる量的緩和政策が影響してくる。現在行われている量的緩和とは、要するに、中央銀行が
マーケットから金融資産(主に国債)を直接購入することで、マネーサプライを増大させる
政策なので、当然ながら対象となる金融資産には買い注文が入っている訳だ。当然、金融
資産の価格は上がる。ただしこれは、実体経済の流れとは独立して引き起こされる一種の
バブルだ。その副作用も十分に意識されなければならない、ということになるだろう。
いずれにせよ、著者の主張しているのは、「リフレ派が言っているような形でのインフレは
、起きない」ということだ。

(つづく)

4: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/02/10(日) 04:53:18.62 ID:???
>>3のつづき

そして2つめのポイント、円安だ。
こちらの方が、より重要な問題として位置づけられている。インフレが起きないだけならば
、まだ構わない。でも円安はマズイと著者は言う。なぜならば、国債価格を暴落させる
可能性があるからだ。

既に書いたように、日銀は量的緩和政策を行い、大量の日本国債を購入している。これは
当然ながら円建ての金融資産なので、円安になれば、例えばドル建ての米国債と比較した
場合、日本国債の価値そのものが下落することになる。日本国債を大量に保有しているのは
、主に国内の金融機関(特に銀行)だが、彼らにとっては保有資産価値が減損するリスクが
あるということだ。円安ドル高という為替リスクをヘッジするためには、先物でドルを
買っておけばいいという考え方もあるが、ヘッジには当然コストが発生する。将来、日本
国債の価格が下がると分かっているならば、最初から米国債に投資した方が合理的だ。
ただ、本質的な問題は、もう一歩先にある。ちょっと長くなってしまうが、引用しておこう。

自分のことだけ考えれば、ヘッジすればすみますが、現実にはそうはいきません。なぜなら
、みな同じことを考えているからです。
国債はみんなが投資しています。それが、円安が進む可能性が高いことがコンセンサスに
なったのです。(中略)為替のヘッジをするという方法と、日本国債を売って、米国債に
乗り換える方法とあることもみながわかっています。
どちらでもいいのですが、この「どちらでもいい」というのは最も危険なのです。
なぜなら、米国債に乗り換えるほうを多くの人が選んだ場合は、この二つは同じではなく
なるからです。
多くの人が米国債に乗り換えたならば、日本国債は値下がりします。みんなが売るから
当然です。今度は、円安になる分、実質的に値下がりするのではなく、円でみても値下がり
する、ふつうに値下がりするのです。

これが、従来の議論と全く異なるポイントだ。「円安」というファクターがなければ、
機関投資家にとって日本国債は、大量のマネーを安定的に吸収できて、流動性も高い魅力的
な商品だ。しかし、そこに「意図された円安」というコンセンサスが加味された時に、
日本国債というものの性格は大きく変わってしまう。国債が本当に値崩れを起こすような
ことになれば、発行済国債を大量に抱える多くの国内銀行(特に地方銀行)はひとたまりも
ないだろう。著者によれば、日本の銀行セクターは全体で約200兆円もの長期国債を保有
しているのだ。これが暴落すれば、幾つか潰れる銀行も出てくるはずだ。貸しはがしも
避けられない。バブル崩壊の頃を凌駕するような金融危機となるだろう。

そうなれば、政府は公的資金を注入して銀行救済に乗り出すはずだ。でも、肝心の公的資金
はどのように捻出されるのか。言うまでもなく国債発行だ。だが、忘れてはいけない。
このシナリオの震源となっているのは「国債暴落」なのだ。更なる国債の増発となれば、
当然ながら暴落に拍車がかかってしまう。そうなれば、危機の渦中にある銀行も、暴落する
国債をマーケットで売り抜くことができず、資本の劣化を食い止めることさえできない
状況に陥るだろう。銀行危機は深刻化し、そして連鎖する。政府の財政危機も引き起こされ
て、絶望的な危機のスパイラルが訪れることになるのかもしれない。

<以下略。省略部分はソース参照>

-以上-

180: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:59:25.96 ID:LGRaFKlC
>>1の議論は日銀の存在を無視してる
国債は暴落しないよ
日銀が買い支えるからね

191: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:28:03.37 ID:DJrmoy+g
>>1
またくだらん悲観論者か
円安にする本当の意味合(最大の目的)いは、貯蓄から消費へと促す為だ
マネーを貯め込むよりも物品(不動産も含む)を持つ方が得な状況を作るのだ
それによって物の価値は緩やかに上がって行く
糞詰まりだった日本の内需消費が流れ出す
円安傾向→貯蓄放出→消費拡大→物価上昇でインフレ傾向
と言う事だ

円安でインフレにする事は、これまでの円高デフレで貯蓄塗れになってる日本だからこそ可能なのだ

国債に関して言えば、日本の経済と政治が安定してれば問題など起きない
何故なら、日本の赤字国債の殆どは内債だからだ
国内で社会・経済を安心させていれば、国債の信用が暴落する事などない
外債とは違うのだよ、外債とはw

192: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:30:58.42 ID:LGRaFKlC
反リフレ派の空論
さっき長期金利を調べたら0.76%だったぜ
>>1はこれだけ円安が進んで実際に輸入インフレになるかもって言われてても
金利が上がらない理由を説明しろ

193: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:41:02.02 ID:WN/Z2XJj
本の内容は分からんけど>>1読む限りでは
リフレの危険性を指摘する理論としては糞の部類っぽいな

5: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 04:57:53.48 ID:zoLyGpyY
株式譲渡益20%課税開始で終了

7: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:07:23.66 ID:yhYoGN6P
なんでインフレターゲット反対論者は日本を好景気にする方法を提示しないの?

10: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:09:22.70 ID:KyAF0Mjz
さわりだけで
読む価値がないことが明白

単なる嫌がらせ

11: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:11:44.84 ID:7uv03PHC
1000兆円という債務がデカすぎる
特殊法人が大量の資産を抱えているから資産圧縮して負債を減らすべき
これ以上の国債発行は危険だから控えるべき

分かっていても出来ない悲しさYO

13: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:15:01.02 ID:bozv0Eze
>>11
で、債権者は誰かね?言うてみ。

15: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:17:10.02 ID:bozv0Eze
>>14
債権者は誰かね、言えないの?

42: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:02:42.38 ID:3Fwa2BWK
>>15
てか、債権者がだれだろうと、円なんだから刷って返せるし破綻しようが無いんだけどなw

48: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:10:05.36 ID:4NKFs2cX
>>42
ネトウヨのアイドル 高橋是清の時代にそのような事をしたが
結果、国債の買い手は日銀だけになってしまったそうな。

50: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:15:04.92 ID:3Fwa2BWK
>>48
つまり前例もあって担保がしっかりしてる負債って破綻しようがないよねw

55: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:25:14.94 ID:4NKFs2cX
>>50

破綻しました。

ここの20Pあたりを読むとその理由がわかります。

ttp://www.nri.co.jp/opinion/chitekishisan/2005/pdf/cs20050702.pdf

60: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:32:08.67 ID:3Fwa2BWK
>>55
つまりどうなろうと借金返せるって話になるんだと思うけど?
読んでないがw

64: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:34:26.45 ID:VdLB+R8q
>>60
それなら北朝鮮の生き地獄でも国家は成立してるから問題ないってことだが?
原始人になっても人間が生きてれば破綻じゃないって論法だな。

71: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:39:57.55 ID:3Fwa2BWK
>>64
通貨の価値ってのはその国の価値とイコールでしょ
日本で北朝鮮の生き地獄を再現するためには、日本の価値と日本の人口が北朝鮮並みにならないと無理じゃね?
>>65
返せる以上破綻しないよね、返さなくてもねー

74: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:41:06.37 ID:VdLB+R8q
>>71
> 通貨の価値ってのは「その国の価値」とイコールでしょ

その国の価値とは何か具体的にお願いします。

112: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:10:00.60 ID:3Fwa2BWK
>>74
> その国の価値とは何か具体的にお願いします。

やだよめんどくさい
日本っていくら?を定義したいわけでもないしな

北朝鮮の生き地獄を再現するためには、日本の国の価値と国民の比重が
北朝鮮と同じにならないと再現されないんじゃね?ってだけの話だからね

65: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:34:38.61 ID:4NKFs2cX
>>60
どうなろうと返せますね。
物価がどうなろうとねw

80: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:48:39.37 ID:HjiRKBuD
>>55
軽く読んでみた
景気対策としてアベノミクスは現在の政策としては正しいけど、インフレターゲットをしっかり守って景気が好調になったあとは支出を削るなり国債を減らすように変えていかないとまずいってことでおk?

54: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:23:33.96 ID:HjiRKBuD
>>40
>>48

矛盾してないかw
税収に頼らなくても日銀が買えば良いってことになるが

16: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:17:13.24 ID:GhwVNOdx
>>14 小黒って学者って財務省からの出向だろ?w

41: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:01:32.33 ID:sYbYo5aO
>>14
これは、三橋は論破されたわけじゃない。
利益がないから、論破し返さなかっただけ。

政府債務が増えているのに、家計の資産が増えていない。
そうすると、金はどこに消えたか?金が消えるのは返済された時のみ
そこまで言わせて勝ったところで意味はないだろ。
この宗教が唯一機能する仕組みなんだから、宗教そのものは否定しない
それが三橋および経済学者のスタイル

12: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:14:21.78 ID:6TfX5O5O
円安で石油があがれば輸送コストがあがって物価が上がるわな。
円安で輸入コストが上がれば、利益確保のために物価は上がるわな。
意図的に物価を上げない方法は、薄利多売、赤字覚悟を貫くしかない。
輸入コスト、輸送コストは問答無用で上がるからだ。
勿論、輸出コストは逆に大幅に下がるので、円高よりも圧倒的に利益は出るのだが。

17: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:22:38.86 ID:NfrFatle
>思わぬ記述がある一定層の琴線に触れて、炎上したりしないだろうかとやや不安でもあるのだが、

例えばこういうのな。

18: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:23:49.34 ID:bIikaREz
えーと、えーと、円高もダメ、円安リフレもダメ、日本詰みすぎオワタ\(^o^)/ってこと?
安楽死合法化&安楽死施設はよ・・・

19: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:25:48.48 ID:qZEcqclU
>>1-4
>整理してみよう。本書によれば、リフレ派のポイントは以下のように要約できる。
>①デフレが不況の原因である。
>②円安になればインフレが起こる。つまり、デフレからの脱却は可能である。
>③よって、円安インフレ政策によって、景気は回復する。

この整理時点で、「本書」の理解が根本的に間違ってるわけで・・・(特に②ね)
この前提の時点で間違ってるんだから、その上で何を論じても意味がない。

20: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:8) 2013/02/10(日) 05:28:24.02 ID:/DYYVWY+
JKリフレがヤバイって話?

22: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:31:06.81 ID:GhwVNOdx
>>20 そうだなリフレソクロジーは未成年者にやらせちゃマズイよなww

21: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:30:39.14 ID:TIh8XXcZ
また小幡かww
こいつもしつこいねー。
>①デフレが不況の原因である。
不況になった国はいっぱいあるのに、日本だけがデフレって時点で破綻してない?

27: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:38:09.68 ID:TIh8XXcZ
>>21だが読み違えた。

>②円安になればインフレが起こる。つまり、デフレからの脱却は可能である。
リフレ派でこんなこと言ってるの誰?
見たことないんだけど。

23: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:31:45.25 ID:w4Gvs10+
国債の債務者は国
債権者の殆どは国内の機関投資家
返済原資は将来の税収←重要

国債発行で確保した資金の用途は借金返済(金融費用)、
その他の行政費用であり、
資産として残る部分は少ない。
まして売却して返済原資にできる資産は殆どない。
よってまだ生まれていない者も含む
将来の国民は、自分の世代の行政コストに加え
今の時代の行政コストを負う。
また、公共事業のやり方によっては
需要の先取りになるため、将来の需要が減ってしまう可能性もある。

但し、需要の先取りにより景気が回復も先取りできるとしたら
将来の需要が増えるかもしれない。
これにより将来の税収も増えるかもしれない。

40: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:00:18.00 ID:4NKFs2cX
>>23

国民の借金て言うな!
国民は債権者だ!
国債は幾ら発行しても国民には負担は来ない!

ID:bozv0Ezeみたいなネトウヨはこの手の話題になると途端にこれ。

>返済原資は将来の税収←重要

この部分に気づいてないw

24: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:33:03.76 ID:yv/Unkcc
こんだけ文章書いて自分のバカを晒すってどんな気分なの?

ねえどんな気分?小幡績さん!

25: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:34:11.38 ID:0dlU894n
>>思わぬ記述がある一定層の琴線に触れて、炎上したりしないだろうかとやや不安でもあるのだが
一体どの部分だよ。気になる。

26: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:34:59.77 ID:L788DHs7
あぁこれか。
本屋行ったら、浜田宏一の本の隣に置いてあったよ。
この手の本は競馬の予測みたいなもんだよな。読む価値があるようなないような。

28: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:41:35.50 ID:w4Gvs10+
①デフレが不況の原因
スパイラル状態で因果の順番に拘る必要はない。
循環を断ち切る事が重要。
この言説は、
「デフレは不況とのスパイラル構造にある」といいなおすべき。

②円安になればインフレが起きる。つまりデフレ脱却できる

円安による輸入物価上昇は国内需要増がなくとも
発生するインフレ要因であり、
確かに今後のインフレの因子になるだろう。
需要といえば消費である事を前提に
企業が価格を上げられないと論じる人がいるが、
政府案は政策初期は財政出動による需要増を図る。
よって賃金があがる前でも需要増になり
価格は上昇する。この効果により
次に賃金が上昇し、消費者レベルの需要増となり、
消費者物価上昇となる。

29: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:41:48.56 ID:tNg04yU+
どっちにしても製造業が全滅する円高は許容できないからな
中韓の製造業というか国が革命起こるまでの時間稼ぎだよ 円安にも副作用があるのは承知だろ

30: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:43:18.18 ID:VdLB+R8q
アベノミクスはスタグフ政策だよな

34: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:51:06.20 ID:GhwVNOdx
>>30 オイルショックかよw

35: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:52:13.99 ID:VdLB+R8q
>>34
アベノミクスはまさにそれだね。
情報操作が困難な現代では買占めパニックによる
狂乱物価にはいたらないが。

39: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:00:11.29 ID:GhwVNOdx
>>35 オイルショックのときって中東情勢の悪化で資源価格が高騰したり、賃金の
下方硬直性で需給とは関係なしにコストが上がったために発生したんだよな?だから、
生産性を挙げて解決だけど、いまは需要不足でデフレだろ?金融政策と財政政策で解決
するもんだろ。

57: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:27:07.32 ID:VdLB+R8q
>>39
需要不足というか供給過剰が是正されないと言うべきかな。

政府がすぐに救済しちゃうから。

58: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:29:14.56 ID:GhwVNOdx
>>57 供給を削れって生産性を下げろってことか?w

61: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:33:16.85 ID:VdLB+R8q
>>58
生産性の低い企業は市場から退場しろってことだろうな。

66: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:34:41.25 ID:GhwVNOdx
>>61 生産性の低い企業があったら削るも何もインフレになってなきゃおかしくないか?

69: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:37:23.43 ID:VdLB+R8q
>>66
需要が減りました→弱い企業が退出します→需給が均衡します→価格が上昇します。

ここから説明しないとダメなレベルか?

75: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:41:39.57 ID:GhwVNOdx
>>69 それって生産性とまったく関係なくないか?w

78: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:46:35.31 ID:VdLB+R8q
>>75
市場経済では生産性の高い企業から撤退するのか?

79: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:48:10.52 ID:GhwVNOdx
>>78 弱い企業が撤退して余った人員が強い企業に行くとすると、労働量がさらに増強
されて供給が増えて仕舞わないのかね?

83: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:52:15.25 ID:VdLB+R8q
>>79
> 弱い企業が撤退して余った人員が強い企業に行くとすると

そういう状態では稼働率が下がっているので新規雇用は限られる
デフレでも操業率100%になるまで生産能力の下げないから。

85: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:53:52.33 ID:GhwVNOdx
>>83 それだと失業者見殺しになるけどw

87: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:54:49.80 ID:VdLB+R8q
>>85
企業は失業まで考える必要がない、失業は政府の仕事。

そんなに労働者が大切ならば建設機械を壊して人力でビルや橋を作ればいい。

89: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:55:45.06 ID:GhwVNOdx
>>87それだと結局財政にたよることになるけど?それじゃ駄目なんでしょ?w

92: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:57:00.21 ID:VdLB+R8q
>>89
両方を考えるならば 社会主義に宗旨変えするしかないね。

96: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:58:39.78 ID:GhwVNOdx
>>92 ソ連の末路を辿るのか・・・

91: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:56:20.17 ID:GhwVNOdx
>>87 それだと結局財政にたよることになるけど?それじゃ駄目なんでしょ?w

38: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:59:31.09 ID:GhwVNOdx
>>34 オイルショックのときって中東情勢の悪化で資源価格が高騰したり、賃金の
下方硬直性で需給とは関係なしにコストが上がったために発生したんだよな?だから、
生産性を挙げて解決だけど、いまは需要不足でデフレだろ?金融政策と財政政策で解決
するもんだろ。

47: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:08:56.36 ID:VdLB+R8q
>>38
インフレ下では実質賃金は下がるので下方硬直性の問題ないな。

31: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:46:40.79 ID:tVC1yzKW
はーい、表紙で客をダマすディスカバーのステマ記事いただきましたーwwww

32: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:49:02.67 ID:Nrs02t1V
金融緩和→インフレ→自国通貨安

世界中がやってんのにさ
日本だけ悪影響ってw

国際的な相対的影響なのに、日本だけ変になるってどゆこと?
かしこい人間の考えはさっぱり分からない

33: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:50:58.11 ID:jVTQ/PRe
デフレ → 銀行は国債を買うだけの楽な商売
インフレ → 銀行はちゃんと投資をしないとやっていけない

銀行が「インフレなんて嫌だーーー!」と、駄々をこねてるだけだろ

36: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:54:13.46 ID:tNg04yU+
全自動化工場と環境悪化で製造業は先進国に戻るからそれまで円安維持するだけでいい
残念ながら人口の多すぎる途上国は内乱か革命だろ

37: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 05:58:08.21 ID:VdLB+R8q
日銀にある金融機関の当座額を増やしても、そこから先に貸し出されるか
どうかは全く別問題だからなベースマネーを増やしてもGDPが上がるかどうかは
わからない、ていうか経験則からすると上がらない。

43: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:03:31.32 ID:tNg04yU+
円安なんて行き過ぎないからね
今や日本もアメリカも人手の要らない工場開発したから生産性はいくらでもあげれる
ただそうすると人口が邪魔になるけど日本は幸い少子化だから有利だ

44: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:04:26.79 ID:8Dr4E4gb
えっと、
五年前は1ドルいくらだったのかな
その時はインフレだったのかな?

45: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:06:43.06 ID:AUUfYnNN
JKリフレは確かに危険だな

49: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:11:32.29 ID:woyJT3mq
>>45
先に言われた

46: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:08:53.08 ID:GhwVNOdx
インフレになって公債の価格が落ちたら別の資産で運用すればよいだけの話だろw

51: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:15:42.77 ID:tOnMzkQx
人口の多すぎる国はこれから国際的に不利になっていくと思う。
BRICSと言われてた現象の逆がこれからのトレンド。

52: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:17:14.75 ID:GhwVNOdx
>>51 人口が多いだけで一人当たりの生産性が低いと悲惨だよね。

53: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:17:57.94 ID:dYRVZOJE
JKの尻枕ヤバイスレじゃなかったのか

56: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:25:29.65 ID:VdLB+R8q
徴税でなくインフレで回収するという手段があるからな。
戦後のインフレはまさにそうなったし。

59: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:30:06.39 ID:tNg04yU+
エネルギー効率が上がるとか素材が進化するとか自動化が進むだけでも
供給過剰はどんどん進むからな 隕石でも衝突しない限り解消しないかもしれない

62: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:33:24.70 ID:lgPCvcuq
既に実体経済は円安株高を背景に好景気に入っている。
アベノミクス始動前に景気の底を打っていたとの指摘はあるが。

個人的にはバイオ株の急騰の恩恵を受けて財布の紐が緩んでいるところ。今のところ安倍首相には深く感謝している。

63: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:33:32.00 ID:nTpNFH0n
長くて読む気しないけど、
どうせリフレをしても需要が伸びるわけじゃないとか、
インフレが止まらなくなるとか、
長期金利が暴走したらどうするとか、
輸入物価だけ上がって生活苦にとか書いてあるんだろ
そして最後に日本経済の構造改革こそが真に必要なことだとか書いてあるんだろ

その上で、デフレの長期化の方がもっとヤバイことには触れてないだろう

67: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:36:04.07 ID:VdLB+R8q
>>63
> 長くて読む気しないけど、

ならば評価もするな。

68: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:36:14.35 ID:tNg04yU+
製造業と技術さえあれば通貨価値は維持される
あとは革命の起こらない体制と天災が襲っても耐えられるインフラかな
特に2行目の二つはこれから特に重要になる

70: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:39:36.30 ID:VdLB+R8q
>>68
工業化して追い上げてくる後進国がいなければな。

73: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:40:44.00 ID:Di7AGVbg
>>70

アジアだね…

72: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:40:04.00 ID:4NKFs2cX
国民=債権者
政府=債務者
日銀=打ち出の小槌

ネトウヨの頭の中。

政府の債務は日銀が国債を刷って肩代わりすりゃいいじゃん!とでも思っていそうw

76: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:41:51.61 ID:tNg04yU+
タイなんて洪水1発でだめだし他のアジアもそうでしょ
日本の製造業は近いうちに帰ってこないとえらい目にあうことになる

77: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:43:48.99 ID:tNg04yU+
国の価値は技術と人材だよ
資源はあっても逆に過度の通貨高と国民の劣化を招くのであまり関係ない

81: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:49:15.89 ID:VdLB+R8q
ITと金融サービスで世界に出れなかった日本は脱落組だよ。

中国や韓国やタイと賃下げ競争して下さいの二流国家に転落中。

82: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:52:13.76 ID:tNg04yU+
製造業の生産性上げて利益増えたら
それで低い産業を養うしかないな雇用の問題あるから
法人税下げたら意味ないけどね

84: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:52:56.49 ID:tsH+aGL7
世界銀行のデータによると
「国民一人当たりGDP世界一」のルクセンブルクの対外債務は日本円で160兆円。
これはルクセンブルクのGDPの30倍以上。
日本は国民一人あたりの借金が700万円近くありもうすぐ経済破綻すると
日本の「識者」は主張していますが、ルクセンブルクでは
国民一人当たり3億円以上負債があります

しかも国内からの借金がほとんどの日本政府とは真逆で、
ルクセンブルクのそれはほとんどが対海外負債。

ドイツ以外はギリシャやイタリアなどEUってみんなこんな感じ。
面白いね。日本人の真逆で先憂後楽。キリギリスとアリの例え通りだ。

日本は他国に戦争起こされて借金を踏み倒されないようにしないとね

86: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:54:19.79 ID:JTw0LMGY
国債の償還費用、利払い費の原資は国民の税金

こんな基本的な事も知らないでネトウヨは良く生きていけるよなw

債権保有税を毎年取られ続けてるようなもんなのに、俺たちは債権者!キリッ とかうけるwww

90: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:56:02.09 ID:VdLB+R8q
>>86
> 国債の償還費用、利払い費の原資は国民の税金

インフレにすれば徴税する必要もなきに等しいよ。
それが戦後のインフレだし。

94: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:58:03.99 ID:JTw0LMGY
>>90
政策経費や国債関連費は何で賄うの?

100: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:00:26.85 ID:VdLB+R8q
>>94
インフレで国債をチャラにしたらドッチラインのようなでデフレ政策する。

105: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:06:12.32 ID:JTw0LMGY
>>100
緊縮財政をしようにも今の日本は超少子高齢化社会ですよ。
社会保障を削ろうにも削れないという現実をお忘れなく。

108: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:07:27.58 ID:VdLB+R8q
>>105
だからお金の生産性を上げるしかないわけで、中間加工業ではそれは無理ってこと。

114: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:11:24.28 ID:JTw0LMGY
>>108
金融業・バイオ・アップルのような垂直統合型製造業を日本でもっと育成しろって意見ですかね。

118: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:13:46.96 ID:VdLB+R8q
>>114
技術でなんとかしようって発想が共産主義なんだよね。

資本の論理などなくても技術と科学さえあれば国民は豊かになれる宗教

122: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:15:35.00 ID:GhwVNOdx
>>118 生産性を高めるためには技術は大事だぞ。資本+労働量+技術革新で生産性は
決まるからな。

124: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:16:53.37 ID:VdLB+R8q
>>122
違うね、利益の出る価格で製品が売れることで初めて生産性の意味が出てくる。

128: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:19:46.15 ID:GhwVNOdx
>>124 それってインフレかデフレで決まってこないか?生産量×物価上昇率=名目GDPだから

134: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:25:00.49 ID:VdLB+R8q
>>128
剰余価値が埋めない経済活動を幾らやっても国は豊かにならないってことだな。

工場をフル稼働させていれば、後から需要がついて来たのは日本が戦後復興国だった
時代の話で、その記憶がドグマになってるのがものづくり教の人たち。

127: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:19:30.31 ID:JTw0LMGY
>>122
自動車の生産性は世界的に見ても高いのに
他の製造業、サービス産業の生産性がどん底なのは何でなんだろう。
自動車以外の産業は技術革新ではなく自己満オナニーを追及していただけなんだろうか。

131: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:22:24.55 ID:VdLB+R8q
>>127
> 自動車の生産性は世界的に見ても高いのに

トヨタの利益は自動車ローンなどの利益で単体の営業利益は今期やっと黒字じゃなかったか?
日産は破綻してルノーの傘下に入ったし、いすゞは乗用車消滅、三菱はグループの厄介者
君が思っているほど自動車は美味しい商売じゃない。

136: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:25:18.39 ID:o9RTa68U
>>131
トヨタが自動車で利益上がらないのは日本に工場置いてるからだよ。
雇用に貢献してるっていっても派遣ばかりだし、日本(人)にいいことは全くない。
もっと違う産業で雇用を生むべき。

137: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:25:31.40 ID:JTw0LMGY
>>131
今期やっとと言っても確か1500億の営業黒字になったよ。
いすゞは過去最高益だった気がした。
三菱も200億程度の黒字は出していたような。

140: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:28:06.88 ID:VdLB+R8q
>>137
消費財の最後の砦になったね自動車。

142: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:29:44.53 ID:JTw0LMGY
>>140
国内では軽ばかりで儲けは出てないようだ。
次年度の設備投資計画でも国内投資はほぼ皆無。
ネトウヨが幾ら内需の国だと言っても企業は国内の内需には期待してない。

88: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:54:52.36 ID:tNg04yU+
金融は出なくてよかったんじゃないのかね
欧州の銀行はアジアに貸しまくってたけど踏み倒されると思うけど

93: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:57:51.22 ID:KxVQrqw9
要点は2つだろw
・アベノミクスが成功すると
自分が無能経済学者扱いされるので、失敗しろ!!!
・円安だと韓国がやばいから、円安反対!!!

わかりやすい無能学者w

95: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:58:04.13 ID:G5Mn/2×6
日本国債のデフォルトを宣言してください。
すぐにインフレになります。

97: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:59:08.67 ID:VdLB+R8q
アベノミクスは最初から論理矛盾してる

増税して財政規律を守りながら、財政出動して景気を上げるなんて笑いものですよ。

98: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 06:59:26.40 ID:tNg04yU+
日本は海外に貸してる金を早急に引き上げるべきだな
それで自給自足できる国家を数十年かけて作っていくしかない

99: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:00:12.53 ID:JTw0LMGY
>>98
海外債権の7割は企業の持分なわけだが、全部国有化するの?ww

104: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:03:58.33 ID:Di7AGVbg
>>99

対外債権保有税を創設してですね、

102: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:01:56.97 ID:VdLB+R8q
>>98
> それで自給自足できる国家を数十年かけて作っていくしかない

戦前でさえ食料輸入しないと食えなかったのにか?

101: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:01:44.36 ID:tNg04yU+
企業の持ってる海外資産は全部処分させて国内に投資させればいい
どうせ内乱や革命で国外で早晩没収されるんだから

103: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:02:04.28 ID:tsH+aGL7
そんな使い古した謀略には乗らんて
ドイツみたいに上手くやらんとな

そうでなくても戦争をふっかけて債権をチャラに踏み倒すというのが
ウンコ中国人やキリギリス欧米人の常套手段だから注意が必要だぞ。
ほらほら今も紛争を仕掛けてるのが居るだろ

対外資産も何らかの国内資産に変えておいた方がいいお

106: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:06:23.14 ID:tNg04yU+
無人工場も植物工場もあるんだし6000万まで下れば自給自足可能でしょ
国家の目標はもうここしかないよ

109: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:07:52.18 ID:JTw0LMGY
>>106
その工場を建てる資材、動かすエネルギーは自給出来るのか疑問なんですが

110: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:08:29.24 ID:VdLB+R8q
>>106
石油が買えない無理じゃね。

107: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:06:45.36 ID:VdLB+R8q
重農主義者が食べることができない商業や工業ビジネスが理解できなかったように
多くの日本人も形のないITやサービス業が理解できない。

119: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:14:02.62 ID:Eb5HUTY+
>>107
で、それが何を産むの?
実体のない価値はうつろうだけ

111: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:08:56.71 ID:tNg04yU+
エネルギー革命はいるけど燃料電池もあるしマグマ発電もできるし
ドット太陽電池もできるからもう問題はないよ

116: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:12:23.48 ID:JTw0LMGY
>>111
燃料電池もマグマ発電の設備も太陽電池も元になる素材・資源が必要で、それらは日本で自給できますか?

113: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:11:04.82 ID:Eb5HUTY+
数字による分析がない
景気を良くする提案が無い
以上

115: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:11:46.33 ID:VdLB+R8q
石油問題についても中国とインドの消費量が劇的に増加するのは
避けようがないので、10年以内にまた暴騰する。

117: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:12:40.90 ID:vweVkgec
小幡が国債や銀行株を全力で空売りしてるなら信じるわ

120: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:14:12.25 ID:tNg04yU+
日本にある今の資源だけで金属も材料もリサイクルすれば世界一あるから問題ない

121: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:15:05.34 ID:VdLB+R8q
>>120
どうやって集めるの?リアカー?

123: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:16:07.47 ID:tNg04yU+
そりゃ集めるんだよ国家政策で
強い意志がなければ数十年で自給自足国家なんてできないよ

125: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:17:32.17 ID:o9RTa68U
もう製造業者が1000万人を切ったのに、昔のような輸出立国を目指す愚かさ。
製造業の工場がある地域は政治的力が強く(田舎だから1票の価値が大きい)、その意見に政治的に影響されると言われてるけど、結局田舎のワガママもののために日本人は貧乏になるんだね。
そういう人が都会に出てサービス業に就けばいいだけなのに。
農業をずっと続けていたら日本の発展はあっただろうか?
補助金漬けの製造業に未来はあるの?

129: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:21:10.95 ID:HjiRKBuD
>>125
輸出立国=貿易赤字を出さない鎖国していない国
という定義はどうかと思うんだが

132: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:23:15.04 ID:o9RTa68U
>>129
工場を海外に移せば?と言ってるだけ。
空洞化を防ぐために円安にするのは馬鹿げてる。
トヨタがおかしくて日産があるべき方向。

135: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:25:02.96 ID:eJ/ojaPM
>>132
バカは黙ってた方がいいよ?

151: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:36:52.60 ID:HjiRKBuD
>>132
それは国内の雇用と、何かがあったときの安定した供給能力の維持に問題がある
輸出製品を海外で生産するのはいいんだけど、たとえば国内で売る食料品を海外で生産するとなると、世界的な食糧危機が発生した場合に滞りなく国内に供給し続けられるか甚だ疑問

153: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:38:20.92 ID:JTw0LMGY
>>151
世界的な食料危機には日本は含まれないのか?
日本で生産していたとしても世界的な食料危機下では日本人に滞りなく食料を渡すことは無理なのではw

158: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:40:52.12 ID:HjiRKBuD
>>153
国内生産と海外生産どっちがましだと思う?

169: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:48:57.31 ID:JTw0LMGY
>>158
国内と海外の二本立てがマシだと思う。
リスク管理の基本は分散だからな。

171: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:52:05.39 ID:eJ/ojaPM
>>169
基幹産業が日本国内にあるのに、リスク分散もクソも無いだろw

176: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:53:47.42 ID:JTw0LMGY
>>171
農業は日本の基幹産業ではないよ。
経済規模はたったの2~3兆円。

161: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:43:18.91 ID:o9RTa68U
>>151
出てった工場が日本に戻ってくることは(円安になっても)200%ありえない。
つまりは、これから海外に工場移転を計画してる業者を留めるぐらいの効果しかない。
農業はある程度の補助金つけて日本に留めてく必要はあるとは思うが、
なぜ第二次産業を保護するのか分からん。
工場は(生鮮)食品工場ぐらいで結構。

186: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:09:14.13 ID:HjiRKBuD
>>161
円高で海外移転続出→国内空洞化→円安→でも国内生産が無いので輸出は増えない
といった流れになるのが怖い
円高関係なしに海外移転するならそれは問題ないし、長期的に避けられない要因ならば仕方ないけど
ここ数年の円高が原因で海外生産に切り替える企業が増えることは防ぎたい

126: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:18:52.53 ID:eJ/ojaPM
世界中の経済学者から失笑を買うぞ

インフレ怖い馬鹿と、日本破綻バカは、テレビの見すぎだろ
コメンテーター(笑)にでもすがってろw

130: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:21:58.48 ID:tNg04yU+
自給自足はこれからは世界的には必定になる
考えてみれば他国の食料や資源を奪って国家運営するほうがおかしい
日本なんか水も耕作放棄地もあるのだからさらに罪深い

133: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:23:23.46 ID:JTw0LMGY
サービス産業と製造業の賃金格差が確か200万~300万あるからな。
そりゃ国も製造業の復権を是が非でもってなるのはわかる。
幾ら1ドル200円とかならないと無理だが。

138: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:25:59.18 ID:tNg04yU+
日本も輸出産業で他国を荒らすのやめて自給自足で徳を積む国家にかじを切るべきだよ
それが実現したなら世界中の国を日本化すればよい徳の力で

139: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:26:03.43 ID:4mtg12I4
どのみち座して死ぬだけだったところを取りあえずマーケット動かしたのは
評価できると思うがな。

それより、書名をなんとかしろ!中学生かよw

141: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:29:14.00 ID:o9RTa68U
結局は、日本の生産性を上げる一番いい方法が都市化。
田舎ものが都会に来ればいいの。
田舎に雇用がないのは当たり前、田舎なんだから。
田舎の自治体が税金入ってこないのは当たり前、田舎なんだから。
都会に人を流すこと(地方を切り捨てること)と産業構造改革、女性の社会進出で移民なしでもなんとか成長率はプラスになる(移民入れるのが一番いいけど)。

143: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:30:38.02 ID:JTw0LMGY
>>141
正論だね。
ネトウヨは発狂するだろうがw

146: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:33:37.10 ID:o9RTa68U
>>143
自民党が田舎の政党なんだよ。
だから公共事業とか農業、製造業(特に田舎に工場を置いてる)を切れない。
地方公務員の給与削減だってママならない体たらく(田舎の自民党議員、自民党支持者が反対する)。
つまりは、日本を救うためにはまず一票の格差是正を、という話になる。

145: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:32:15.27 ID:eJ/ojaPM
>>141
選択と集中は開発が遅れ、イタズラにコストが高くなるだけ。こんなの常識だろ。

中二病も大概にしろ

147: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:33:37.47 ID:JTw0LMGY
>>145
田中角栄時代の国土の均衡ある発展から成長率がガタ落ちしたのを知らん馬鹿は黙れよw

156: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:39:55.55 ID:eJ/ojaPM
>>147
今でも首都高未完成がいい証拠
やたらコストが掛かる上に、一向に事業が進まない

首都集中に走った結果20年失われましたがなにか?
引きこもってないで外に出ろよw

166: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:46:32.16 ID:JTw0LMGY
>>156
田舎に何十兆円もばら撒いたせいで、首都環状線を完成させるお金が無くなった。
無駄な時間・資本の浪費をした責任はネトウヨにあるからな。
お前らは日本から頼むから出て行ってくれよ。

167: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:48:25.91 ID:f1NWsSko
>>166
そうそうその通り
人が住まない田舎は全部中国や北朝鮮にでも売ればいいんだ

170: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:50:49.12 ID:JTw0LMGY
>>167
さすがにそこまではww
独立採算で暮らして貰えれば良いよ。
その為にも道州制は早くやらないとw

174: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:52:55.19 ID:f1NWsSko
>>170
暮らしていけないなら外国に身売りして当然
何も問題はない

175: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:53:21.15 ID:fClmex8P
>>170
お隣の道なり州が独立採算じゃあやっていけない
なんだか一部を外国に売るらしいとなっても文句言えないってのがやだなあ

177: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:56:03.66 ID:eJ/ojaPM
>>170
なんだ、宗教法人維新の会の方でしたか。

ハニトラ橋下と、変な元芸人にすがってろw
グレートリセット(笑)

178: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:57:13.41 ID:JTw0LMGY
>>177
秋葉原で安部や麻生を祭り上げてた人ですねwww

182: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:02:01.14 ID:eJ/ojaPM
>>178
なんで秋葉が出てくるんだよw
あいつら選挙区秋葉じゃねーぞw

馬鹿晒し乙
パクリ政党維新の会(笑)
大阪のアホには受けそうだけどねw

168: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:48:54.86 ID:eJ/ojaPM
>>166
苦しくなったらすぐネトウヨとか叫び始めるw

恥ずかしいw

159: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:40:58.97 ID:VdLB+R8q
>>147
とは言えど、田中角栄が田舎に金をばら撒いたおかげで消費が根付いたのも事実だからな
角栄の頃って田舎ではまだ新聞紙でケツを拭いていたほどの精神的な貧困が蔓延してたし。

194: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:43:14.42 ID:FP5qgIU5
>>141
都市化に伴う核家族化が少子高齢化の原因。同居世帯の優遇も併行しないとリスクが大きい。

東京23区内でも出生率が高い街ほど3世帯同居率も高い
http://diamond.jp/articles/-/21539
出生率優良県の統計的分析 浮かび上がる「3世代同居」家庭
www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/book/monthly/0701/html/t03.html

144: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:32:01.78 ID:VdLB+R8q
需要>供給にならないとインフレにはならんのよ。
70年代が狂乱地価やオイルショックで、80年代がバブルだっただけのこと

正社員制度というのもコストプッシュインフレの一つで、その賃金が消費や貯蓄に
回っていたから拡大再生産の歯車が回っていた。

それを目先の利益欲しさに先食いしたのが小泉政策でその時の官房長官が安倍晋三
焼畑経済の片棒を担いでおいて、今度は取り戻すって・・・・・わけわかんねこいつ。

148: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:34:13.32 ID:tNg04yU+
おれは均衡ある発展派だな
サービス業なんてのはもう飽和してるし介護や飲食とかを他人がやるのは壮大な国費の無駄
大家族にもどって田舎に人口戻して1次産業である程度自給自足するべきだよ

150: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:36:02.52 ID:VdLB+R8q
>>148
人の欲望には限りがないから需要が飽和することはありえない。
だからこそ動物や昆虫と違って発展してきた。

149: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:35:48.75 ID:JTw0LMGY
均衡ある発展が均衡ある没落であることを理解出来ないネトウヨ脳w

152: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:37:41.75 ID:VdLB+R8q
政党や人物としての評価は最低だけど、政治主張はみんなの党が正論。

154: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:38:26.76 ID:SD/diuw5
まあ、リスクくらい有るだろ。
でも、やらなき変わらない。つーか、変えなきゃ経済縮小で日本が消滅する。

155: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:38:34.55 ID:o9RTa68U
地方切捨ての小泉改革こそ正しい。
で、田舎ものが都会に出てくるかと思えば、未だに田舎に留まって金クレー金クレーってやってる。
一番いいのは、地方の人口管理なんではないか?
中国のように都市戸籍と田舎戸籍を作って、人員調整するのがいいだろう。
ネトウヨ(及び自民党ネトサポ)はどこに住んでるのだろうか。

157: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:40:26.27 ID:tNg04yU+
均衡ある没落でいいじゃん
最新技術を使えば自給自足の中で緩やかに没落していっても娯楽や心の安寧のある国家はできる
いまのように無理やり都市化して国家を運営するよりいいだろ

160: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:43:13.53 ID:VdLB+R8q
>>157
1970年代にそれを提唱したのが大江健三郎で、
北朝鮮こそが実はこの世の理想の姿だと帰国事業を煽った。

162: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:44:28.72 ID:eJ/ojaPM
日本は製造業からシフトすべき(笑)

そんな美味しい事業があるなら、黙って自分でやればいいだろwどうぞご自由に儲けなすって一大産業を作ってくださいw
まさか小さな政府を唱う人が、国が支援してくれなんて言わないよな?w

172: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:52:10.53 ID:o9RTa68U
>>162
シフトしろとは言ってないでしょ?
利益の上がらない製造過程は海外に投げて、開発設計と営業だけ日本に残せばいいじゃん。
それで製造業者は息を吹き返すんだからウィンウィンでは?

163: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:45:07.60 ID:tNg04yU+
1970年代と技術が違うし世界の事情も違う
いまのまま数十年たってある日食糧とエネルギーがなくなったら都市は消滅するよ

165: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:46:32.18 ID:VdLB+R8q
>>163
例えそうなっても、この世の楽園政策だけは嫌だわ。

164: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:45:31.25 ID:VdLB+R8q
製造業を維持するために国民が貧困化しているってのが現実だからな。

173: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:52:33.60 ID:e/3fUZ+S
既に持ってる財務省の米国債を日銀に移せばプラスマイナス0なんじゃね

179: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 07:57:38.66 ID:tNg04yU+
http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/population_explosion.html

これをみるとやはり自給自足国家はこれからは絶対だな
結局先進国のエゴによって人口爆発しただけで自給自足国家が多ければ人口は安定するんだよ

181: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:00:45.69 ID:JTw0LMGY
>>179
自分で先ず自給自足出来るかやってみて。
んで、1ヵ月後に報告頼むよ。

183: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:03:40.38 ID:tNg04yU+
日本は国家目標を自給自足国家におくのは論理や世界情勢から言うと当然じゃないかね
反対してる人はおかしい

184: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:05:24.24 ID:JTw0LMGY
>>183
うん。だからこそ、先ずは貴方が実践してみてよ。
うまく出来たらみんな真似するよ。

185: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:07:10.74 ID:LGRaFKlC
自給自足とか無理に決まってる
エネルギーや資源を何処から調達するんだよ

200: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 09:02:21.72 ID:bN7srgok
>>185
おじいさんは芝刈りに行ってまかなっていた古きよき日本。

187: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:14:35.76 ID:LGRaFKlC
個人的に金融危機は起きるべきだと思うね

日本は資金需要がない国なんだよ
資金需要がないということは、金融機関に対する社会的ニーズがないということ
社会的ニーズがなけりゃ本来は潰れるべきであるはずなのに「金融不安は駄目だ」といって
不要な金融機関を生かし続けることがおかしい

188: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:18:30.28 ID:Jn7v76wc
JKリフレ?

189: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:24:49.83 ID:ufABpuN4
元財務官僚だしね
じゃあ、どないせえっちゅうねんって話だわな

190: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:27:05.40 ID:fBinT5iD
足裏マッサージが気持ち良すぎてヤバい!

というスレかと思った

195: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:46:55.74 ID:bN7srgok
消費税導入して、赤字国債新規減少させて、公務員給料削減すればくい止まるよ…。

196: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:52:33.05 ID:TaqV/smi
経常赤字化なら「10兆円単位」の国債売りで金利急騰も-日興コーデ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LFJ5VD07SXKX01.html

197: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:52:52.39 ID:yl25qtBg
結局景気回復の方法論は何も言わずに国債が暴落するからやめろって言ってるだけだな
まあ国債下がるかもしれんけどなんですぐ暴落なんて話になんの?

198: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:55:57.73 ID:+owE9S6w
これじゃ「リフレはすごい!」って伝わるぞ?

199: 名刺は切らしておりまして 2013/02/10(日) 08:58:44.55 ID:bh1SjH/t
経済学者ってどうして知能の足りない奴ばっかの?




999: Sponsored Link 2015/12/01(株)

関連記事

  1. 実はアベノミクスバブル来てる?世界中で経済成長率が長期金利を上回…

  2. 安倍政権の「サラリーマン給与、上げる上げる詐欺」が酷い。法人減税…

  3. 【アベノミクス】 「2016年に安倍バブル崩壊」女性識者が警告す…

  4. 日銀黒田総裁の『問題発言』をなぜ新聞やテレビは報道しないのか?

  5. 日銀「ETF買いまくってたら日経225の9割の企業で大株主になっ…

  6. 日銀黒田総裁がNYで日本経済慎重論に真っ向反論「減速は一時的で回…

ピックアップ記事

ツイッターで更新情報をお届け☆

おすすめ記事

  1. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄いver2015
  2. あの超有名FXコピペのノーカットバージョンがリアル過ぎる。
  3. 野村證券の一日を記したコピペが壮絶過ぎる。
  4. 100万→1億を達成したオールラウンドトレーダーの思考が凄い。
  5. 長期投資で億を達成した株板住人がコツを公開してくれたよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事紹介

スポンサード・リンク

最新記事

  1. クレジットスコア社会日本
  2. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  3. bookoff
  4. 年金支給年齢
  5. 忘年会の必要性
  6. %e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%b8%82%e8%a5%bf%e6%88%90%e5%8c%ba
  7. 115yen
  8. %e6%97%a5%e7%b5%8c%e5%b9%b3%e5%9d%87%e6%a0%aa%e4%be%a1%e3%81%8c19000%e5%86%86%e5%8f%b0%e3%81%be%e3%81%a7%e8%82%89%e8%96%84

投資ブログ更新情報

ピックアップ記事

ピックアップ記事2

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る