menu
  1. 原油が超絶バーゲンセール中!先物がおもしろそう!
  2. 【悲報】世界最強の投資銀行ゴールドマンサックスが日本株の買いを推奨。ア…
  3. 太陽光発電パネル200枚(約1,200万円)が突風で吹き飛ぶ。ソーラー…
  4. 「鮮度が落ちる」とクビにされたカフェ・ベローチェ女性店員が訴訟を起こす…
  5. 人類史上最もお金持ちな人物ランキングが興味深い。
  6. 「金」が5年半ぶり安値!インゴッド買って部屋でニヤニヤするチャンス到来…
  7. 「賃貸と持ち家の生涯コストは同じとだと言ったな。あれは嘘だ!」
  8. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄い。
  9. 中2だが今ブラックコーヒー片手に株価レート見てる。
  10. 東大「メタンハイドレート実用化は嘘。コストに問題点があり過ぎて実用化は…
閉じる

FX2ちゃんねる|投資系2chまとめ

スポンサード・リンク

英国「世界で最も悲惨な2050年迎える国は日本」

1: 日出づる処の名無し 2012/09/25 07:08:39 ID:od6AFW9C
バカジャップの経済崩壊消滅説はいよいよ世界の定説にwwww
2050年後に一気に復讐されるから原爆に怯えておけよバカジャップwww
その前に大地震も数発くるだろうがなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

世界で最も悲惨な2050年迎える国は日本 英の経済誌予測
NEWS ポストセブン 9月19日(水)7時5分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120919-00000006-pseven-soci

イギリスの経済誌『エコノミスト』編集部がまとめた『2050年の世界』(文藝春秋刊)が、発売1か月で4万部を超え、ベストセラーになっている。
『エコノミスト』誌の調査予測といえば、1962年になされた「驚くべき日本(Consider Japan)」という特集が知られている。
日本が世界第2位の経済大国に成長していくサクセス・ストーリーをピタリと“予言”したものだったが、今回、予測される日本の将来像はそれとは真逆の暗澹たるものだ。

それを詳しく見る前に、まずは2050年の世界を俯瞰してみよう。

昨年10月に70億を超えた地球全体の人口は、2050年には90億人を突破する。
情報通信の技術の進歩などで人々の経済的な結びつきは強くなり、教育水準は向上し、国家間の貧富の差は縮まるという。

〈世界は収束化が進み、平均寿命が70歳以上で家庭に子供はふたり、というのがほぼ万国共通の標準となっているだろう〉(抜粋、以下同)。

宗教も原理主義的な勢力は減って、無宗教の割合が増える。つまり、国家や宗教の壁は次第に低くなり、世界の人々の暮らしや考え方は平均化されていくというのだ。
これにより発展途上国は豊かになるが、一方で先進国は相対的に地位を低下させ、国民の生活の質は停滞か、または後退することになる。

その中でも、世界で最も悲惨な2050年を迎えるのが「超々高齢化社会」に苦しむ日本である。

〈2050年までには、被扶養者数と労働年齢の成人数が肩を並べるだろう。過去を振り返っても、このような状況に直面した社会は存在しない。
中位数年齢(*注)が52.7歳まで上昇した日本は、世界史上最も高齢化の進んだ社会となるはずだ〉

【*注】中位数年数/人口を高年齢と低年齢の同数の2つのグループにわける年齢のこと。厳密には、平均年齢はこれよりも若干低くなる。
※週刊ポスト2012年9月21・28日号

1



7: Sponsored Link 2015/12/01(株)

5: 日出づる処の名無し 2012/09/25 09:15:32 ID:/G+Mxbhn
それでもブリテンの失墜は確実ですな。
ユーロに入れてもらえないほど経済お粗末で
ユーロに入れてもらえないのにより不調で
実質GNIは100万程もない。

もう2級国家から39国家だろ

6: 日出づる処の名無し 2012/09/25 09:27:46 ID:ZkVXldGb
日本は老成した西洋のスイスベルギーチェコオーストリアハンガリーのような国家になる

イギリスアメリカのような一部の爺が金を持つ金権主義国家にはならない

そこそこの生産をしてそこそこの住まいにすむ意識の高い国家になる

7: 日出づる処の名無し 2012/09/25 09:36:34 ID:qXzyI/yb
イギリスに人の国の将来をとやかく言う余裕なんてあるのかねぇ?
あんたらその頃には分裂してる可能性だってあるんじゃないの?

>>1の本は読んでないから知らないけどさ、
90億人突破したらエネルギー問題や食糧問題が今より更に深刻になるんじゃないの?
今後環境破壊が進み砂漠化が加速、耕地面積は更に減るだろうに
「平均寿命が70歳以上で家庭に子供はふたり」というモデルを人口90億の世界で実現するのは
到底不可能なんじゃないかと思うんだが。

8: 日出づる処の名無し 2012/09/25 09:45:51 ID:3J7kgNqK
この手の「なんとか編集部」みたいなところが著者になっている本は信用ならない。
誰も書いたことに責任をとらない体制だもんね。

10: 日出づる処の名無し 2012/09/25 20:11:20 ID:St6AeosH
日本は超々高齢化社会になるので一番悲惨だと書いてあるだけじゃん。
つまらん。

11: 日出づる処の名無し 2012/09/26 13:14:25 ID:oJeDW4fX
そらそうよ

     選挙投票率
公務員  100% ← 神族!全ての恩恵を受けられる
 年齢
70以上   71% ← 死ぬまで安泰
65~69   82% ← 最高の人生
60~64   80% ← 高待遇の老後生活
55~59   77% ← 勝ち組
50~54   73% ← 逃げ切り
45~49   71% ← 平民
40~44   68% ← 年金損得ゼロ
35~39   62% ← 負け組
30~34   56% ← 奴隷
25~29   48% ← もう死ぬしかない
20~24   44% ← 馬鹿www

15: 日出づる処の名無し 2013/05/31 07:55:53 ID:wjApLAiz
イギリスの地方都市で、バス停に客が並んでた。
止まったバスに駆け込み割り込みで、子供が乗り込もうとする。
どっかの婆ちゃんが子供の耳を引っ張り、引き戻した。まったく縁もゆかりもない、子供と婆ちゃん。
今の日本ならば、モンスターどもが婆ちゃんを吊し上げることだろう。

16: 日出づる処の名無し 2013/05/31 08:02:35 ID:wjApLAiz
まぁ、社会の発展に年月を掛けてるから、年長者の権威が安定してるんだな。

儒教文化圏てのは、だいたい50年で西洋の200年分を進んでるから
年寄りが阻害されやすい。表向きの礼儀作法にうるさい社会ほど、陰鬱な恨みが溜まりやすい。

高齢者のアイデンティティーがネックとなるのだよ。高齢化社会ってのはね。
医療費ばかりかさみ、高齢者の納税額が小さければ、イギリスの予言どおりになるだろう。

19: 日出づる処の名無し 2013/05/31 12:50:52 ID:90BISO7j
ていうか、日本も高齢化社会が30年ほど前から懸念されていたが、
一人っ子政策だった中国や、100年たっても変わらない男尊女卑の韓国は、
日本以上に致命的な超高齢化社会が危ぶまれているんじゃなかったっけ?

21: 日出づる処の名無し 2013/06/01 08:59:52 ID:BZENOgag
一人っ子政策で、人為的に激超高齢化社会に突入する中国は?

22: 日出づる処の名無し 2013/06/02 09:00:12 ID:e2IaBHvE
>>21
中国なんか一人っ子政策のおかげで被扶養者率高くてオワコンだろ。
だからこれから人口増えるだろうアフリカにいっぱい訪問するんじゃないのか。
違ったらスマソ

23: 日出づる処の名無し 2013/08/20 20:12:57 ID:sZxGfUQ2
>>1
当たり前のことをニュースにするな
未来を先食いしたんだから将来ボロボロに決まってるだろ




999: Sponsored Link 2015/12/01(株)

関連記事

  1. 京大が電気→光の変換効率100%の有機ELを開発!またノーベル賞…

  2. 世界最大の石油輸出国、サウジアラビアのアブドラ国王が死去。

  3. 2050年には、日本の6割の街で人口が半分以下になる。

  4. 職場でイラッとすることTOP10が発表されたwwwwwwwwww…

  5. 安倍首相「逆に考えるんだ。TPPに参加して農作物を輸出しよう!」…

  6. アルゼンチンのデフォルト危機解決に向かわず。

ピックアップ記事

ツイッターで更新情報をお届け☆

おすすめ記事

  1. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄いver2015
  2. あの超有名FXコピペのノーカットバージョンがリアル過ぎる。
  3. 野村證券の一日を記したコピペが壮絶過ぎる。
  4. 100万→1億を達成したオールラウンドトレーダーの思考が凄い。
  5. 長期投資で億を達成した株板住人がコツを公開してくれたよ。

コメント

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    発展途上国を除いて世界中でそれが起きるよ 何も対策しなけりゃね
    他人の心配するより、自分を先に心配した方が良いんじゃない?

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    日本の掲示板に日本語でバカジャップwwww
    とか

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    高齢化社会になったら困るやつらがせっせと医学を勉強して長生きさせてるのはどういうことなんだろう?
    根本的に頭おかしいのか?

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    来年の経済すら誰も見通せないのに50年後とか、預言者かw
    他国の心配の前に自国を心配しとけw

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    日本は高齢化で苦しむが、他の国も変わらんだろ

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    なにこの短いまとめ
    管理人頭おかしくなったのか?

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    リタイアする老人が減って死ぬまで働くことで調整されると思うけどな。
    定年後に悠々自適の生活ってライフスタイルは人間の歴史的に見て普通じゃない。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    団塊ジュニア世代がしんだあとは人口の変化が緩やかだからたぶん最悪なのは確かに二〇五〇年頃だろうね。そこまでになにもしないわけじゃないし、最悪ジュニア世代は安楽死という方法もあるし。心配しなくてもいいと思う。因みに俺ジュニア世代。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    出生率増加に全然力入れてないからな。移民入れるか国民増やすかしないとやばいのにどちらもやってないのが日本。
    深刻なのが世代交代できず新しい考えが途絶えること。歴史上人口が減って滅ぶ国は多い。日本も例外ではない。
    ※4
    出生率見たらある程度の国力の予想付く。ちなみにアジアではフィリピンが大国になる予想。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    イスラム化したイギリスは神の国に近づくね!

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    イギリスやギリシャや中国よりはましと予言しておこうか。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    ※⑨
    前後項どっちもありえねーよ※通りのバカが

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    英エコノミストって言えば欧米だとエリートビジネスマンが数多く読む信頼できる出版社だと聞いたが…
    日本はfertility rateが1.4で(多くの先進国は2.1付近に収束する)、median ageは44.7と世界一だから、世界一の超高齢社会になることは確定的なんだよね。で社会保障で対策できるかというとgovernment debt がGDPの205%でこれも世界一だからもっとも公的サービスによる改善が期待できない。つまり、イギリス人が日本の悪口を言ったり、日本人プギャとか言ってるわけではなく、純粋にデータでみると最もヤバいのが日本だということ。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    ※13
    一年前の記事で元記事削除されてるのに信頼性?エジプトで原理主義者が暴動起こしてる今日この日はいったいなんだ? だいたいなんで現状の中央値が高い=世界一の超高齢社会になるわけ、元記事読んだか?読んでて書いてるならもういい。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    何故ヨーロッパは未だに自分が偉いと思っているのか・・・
    もういい加減に落ち目でしょ?

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    この記事はもともとmegachangeって本が元ネタ。元記事というか英語版の原本で読んでる。日本語版は「2050年の世界」ってタイトル。
    重要なのはfertlity rateで一人あたりの女性に対する子供の数。これが世界最低で1.1で先進国中最低が日本の1.4。だから現在の中央線が最も高い日本が世界一の超高齢社会(スマン先進国の中で)という図式が成り立つわけ。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    >>15 ヨーロッパも十分やばいんだけど、人口の統計的には、衰退の加速度はゆるかという評価。日本は衰退の加速度が急だから危ないですよという意味。要は国際競争力に見合った規模に、政治で国やら財政やらを調整する時間的な余裕がある分まだヨーロッパの方がマシという感じ。もちろん人口の議論だけで決定できるということではなく、人口の議論以外は、不確定であり議論を避けるべきというのがもともとの主張だったはず。どんなイノベーションがどこで起こるかは予測は困難を極めるから。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    そんなに心配することはない
    年金受給開始を70才にして、70才まで元気に働けば済むだけの話しだ

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    中身がねーなー

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    イギリスのイスラム化した臭い未来についての話が無いなぁwww

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    イギリスも悪用してくださいと言わんばかりの生活保護制度が移民増加で大変なことになってるだろう。
    日本の心配する前にテメエんとこの心配してろ。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    2012年9月の記事かよ
    まああの頃はまだ絶望状態だったからな
    海外の予言が当たった事ないじゃん
    リーマンショックすら当てられなかったくせに

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 21日

    その辺で借金返せませんーー。無かったことで!ってなると見ている。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 26日

    日本万歳なあほが沸いてるな。

    • 名無しさん
    • 2013年 9月 11日

    現状改善出来ないと先進国の中では悲惨なことになる だろ?
    韓国や中国みたいな発展途上国は石器時代になってるから

    • 名無しさん
    • 2013年 9月 16日

    ※7
    それずっと思ってた
    今まで歴史的にずっと年金の無い暮らしが当たり前だったし
    年金が今の2.30代の未来を保障してくれるもんかい?って思うわ
    年金無くてor未払いで不安がるのはそれが貰えるって確定してる年代だけ
    年金てシステムは団塊が逃げ切るまでな気がする
    ムダ金引かれてる気がしてならんわー

    • 名無しさん
    • 2013年 10月 08日

    オマエラ英に言われんでも日本人がわかっとるわ
    民主←売国奴
    自民←何も理解してない脳足りん禿
    何が今の日本に必要なのかもっと考えれよ馬鹿政治家
    オマエラは上っ面だけでどうこうしようとしてるがそんな問題じゃねーよ現実みろや
    もっと日本の根底見ろよ。一番重要なのはそこだ禿
    おぼっちゃんはどうしてこんな馬鹿共しかいないのか理解できんわ

    • 日本人
    • 2013年 10月 19日

    過去の栄光にすがっている、衰退国イギリス
    屁理屈をならべ日本を内政干渉
    人の国の心配より、イギリスの将来を心配したら

    • 名無しさん
    • 2013年 12月 15日

    的中します 2050年には 1億か9000万人前後の人口となり今のドイツ程になる様です。 同じ島国である台湾、似た歴史があるUKあるいはキ○ーバなどを参考に政策したほうが良いでしょう。人の欠点は他人しかわからないですから。

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 4月 25日

    イギリス人って、ミュージシャンからスポーツ選手まで
    ひと財産築いたら、決まって国外移住してるよな

    • 名無しの投資家
    • 2016年 2月 14日

    差別用語を使うのはどうかと思うが、2050年の日本は間違いなく「終わり」だな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事紹介

スポンサード・リンク

最新記事

  1. ゲーリー・コーン
  2. 東谷暁は『エコノミストは信頼できるか』(2003年)においてエコノミスト25人を格付けしているが、武者をトップクラスのAaaと評価した。「IT革命騒動の際の的確な見通しには感嘆せざるを得ない」と解説。一方、『エコノミストを格付けする』(2009年)では、40人中最下位クラスのB3と評価。「ITバブル崩壊の際に、あれほど予想を的中させた武者氏が、今回のサブプライム問題では見る影もなく予想を外している。行う予想がほとんど裏目に出るというありさまだった」と解説した@wiki
  3. 燃料サーチャージ推移
  4. 積立NISAとは
  5. 追加赤字国債の発行を検討
  6. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  7. カジノ関連株が上昇!
  8. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

投資ブログ更新情報

ピックアップ記事

ピックアップ記事2

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る