menu
  1. 中国株で大損したおっさんの最新画像が発見される!
  2. 「鮮度が落ちる」とクビにされたカフェ・ベローチェ女性店員が訴訟を起こす…
  3. 太陽光発電パネル200枚(約1,200万円)が突風で吹き飛ぶ。ソーラー…
  4. 証券会社の営業だけどなんでみんな株買ってくれないの!
  5. 看護師を一斉退職に追い込んだモンスターペアレンツによる執拗なクレームと…
  6. 「金」が5年半ぶり安値!インゴッド買って部屋でニヤニヤするチャンス到来…
  7. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄い。
  8. 中国株暴落で大損した投資家の姿をご覧ください。
  9. バリュー投資で65万を25億に利殖した片山晃氏のライフスタイルが堅実過…
  10. 中2だが今ブラックコーヒー片手に株価レート見てる。
閉じる

FX2ちゃんねる|投資系2chまとめ

スポンサード・リンク

2020年東京五輪招致の経済効果が3兆円だと言ったな。あれは嘘だ!

1: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/04 23:24:25
スポーツ大会の経済効果とか、エコポイントの経済効果とかは、ウソばかり! 
産業連関分析を使って、生産誘発額を計算して、それを経済効果と言っているが、生産誘発額は最終生産物の増加額だけでなく、中間生産物の増加額も含んでいるので、使ったお金よりも、経済効果が大きくなるのは当たり前。

全く無駄ことにお金を使っても、経済効果があることになってしまう。
「○○の経済効果は○○億円」とか宣伝している奴は、GDPは最終生産物の合計で中間生産物を含めてはいけないという経済学の基本を知らない馬鹿なのか? 
そもそも、何かにお金を使ったら、別のことにお金が使えなくなるから、 必ずマイナスの経済効果もあるはずだ。無視するな!

e08p01
東京オリンピック経済効果



7: Sponsored Link 2015/12/01(株)

インベスターZ(1)
インベスターZ(1)
posted with amazlet at 17.04.24
コルク (2013-09-20)
投資漫画インベスターZが破格セール!
1巻~15巻まで全部買っても120円位。 


6: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/05 10:35:56
100円のパンを買うという例で説明する。

100円のパンを作るのに、パン屋は製粉業者から60円の小麦粉を買っているから、
パン屋が生み出した付加価値は、100円-60円=40円

製粉業者は60円の小麦粉を作るのに、20円の小麦を農家から買っているから、
製粉業者の生み出した付加価値は、60円-20円=40円

農家は小麦粉を生産するのに何も買っていないので、
農家の生み出した付加価値は、20円
パン屋、製粉業者、農家の生産額を合計すると、100円+60円+20円=180円
これが、産業連関分析の生産誘発額で、経済効果と言っているもの
パン屋、製粉業者、農家の付加価値を合計すると、40円+40円+20円=100円
これが付加価値誘発額で、正味の経済価値
生産誘発額の場合、小麦の価値が3重に、小麦粉の価値が2重に計上されているから、
正味の経済価値よりも大きくなる。
「○○の経済効果は○○億円」と言う場合には、2重、3重、4重………と重複計上した金額を使っているから、
どんなことにお金を使っても、使ったお金以上の経済効果があることになってしまう。
この場合、パンが最終生産物で、小麦粉と小麦が中間生産物。
最終生産物には中間生産物の価値が含まれているから、
GDPは最終生産物の合計または付加価値の合計とすべきで、中間生産物を含めてはいけない。
 

7: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/05 10:50:07

>>6の続き
100円のパンを買ったので、100円のおにぎりが買えなくなったとすると、おにぎり屋、精米業者、農家が生産できたはずの金額が減るから、マイナスの生産誘発効果が生じるはず。

 
でも、「○○の経済効果は○○億円」と言う場合には無視されている。

49: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/08 22:32:20
経済効果って、最終消費ベースだろ

50: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/09 22:30:09
>>49
最終消費額=最終生産物額=付加価値誘発額
最終消費額+原材料購入費=最終生産物額+中間生産物額=生産誘発額

経済効果は最終消費ベースで言うべきなのに、原材料購入費まで加えて、
経済効果を水増しするのが、産業連関分析を用いた経済効果の推計の手口。

59: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/13 12:35:38
経済効果の水増しの手法(改訂版)

1.産業連関分析で生産誘発効果を計算して、それを経済効果だと言う。
  生産誘発効果には中間生産物(中間投入)の価値も入っているので、
  本当の経済効果である「GDP押し上げ効果」(付加価値誘発効果)はそれより低いのだが、
  そんなことは素人やマスコミには分からないから、黙っていても大丈夫。

2.マイナスの経済効果を無視する。
  何かにお金を使えば、別のところに使うお金が減り、
  マイナスの経済効果が生じるが、素人やマスコミは気付かないだろうから、無視。

3.計算の前提(消費金額、来場者数など)を水増しする。

4.計算の前提になったデータは公表しない。
  ひねくれた研究者や業界の裏切り者(密告者)が水増しを暴く危険があるから。
  素人やマスコミは、計算の前提になったデータには無関心だから、大丈夫。

<水増しできるのに、使わない手法>
  本当は、ケインズ乗数効果を計算して、「GDP押し上げ効果」の額を増やしたいが、
  計算が面倒なので、途中で(2次波及効果)で計算を止める。
  波及の中断の可能性があるとか、マイナスの乗数効果を無視するなと文句を言う人もいるし。

60: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/13 15:44:40
>>59
経済効果の意味も分からずに、言われるままに報道しているマスコミの責任が一番重い。
チェック能力のないマスコミに存在意義はない。
記者クラブ制のもとで、役所や会社の発表通りに報道するという安易な方法に頼ってきたから、こうなってしまったのだ。

66: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2011/02/20 15:29:36
売上1億円で仕入れに9000万円使っている店(儲けは1000万円)と
売上9000千万円で仕入れに7000万円使っている店(儲けは2000万円)の
どちらの店のオーナーになりたいですかとか尋ねられて、
売上1億円の店ですと答えるのが、産業連関分析による生産誘発額が経済効果だと勘違いしている愚か者。
売上9000千万円の店ですと答えるのが、付加価値誘発額が本当の経済効果だと分かっている賢明な人。

役所、会社、シンクタンク、マスコミはこういう愚か者ばかり。




999: Sponsored Link 2015/12/01(株)

関連記事

  1. 派遣社員5年ルールにより2018年に大量の失業者が発生する。

  2. 中曽宏

    日銀副総裁「個人消費が弱いのは金融市場が不安定になったせいだから…

  3. あなたの資産と収入が丸見えになる「マイナンバー制度」がスタート!…

  4. 世界最大の石油輸出国、サウジアラビアのアブドラ国王が死去。

  5. 「これが世界のリーダー(笑)の政治力」オバマケア巡り予算案成立せ…

  6. 海外の富裕層を日本に呼び込むため所得税の上限を2億円にしようと思…

ピックアップ記事

ツイッターで更新情報をお届け☆

おすすめ記事

  1. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄いver2015
  2. あの超有名FXコピペのノーカットバージョンがリアル過ぎる。
  3. 野村證券の一日を記したコピペが壮絶過ぎる。
  4. 100万→1億を達成したオールラウンドトレーダーの思考が凄い。
  5. 長期投資で億を達成した株板住人がコツを公開してくれたよ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 30日

    まぁお金が回るんなら良いことじゃん

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 30日

    どういう計算式を用いたかで
    試算合計はだいぶ違うよな

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 30日

    ※1
    エコカー補助や消費税アップ前の駆け込み需要みたいなもんで、必ず反動で落ち込むから、何とも言えんのよ。
    結局、予算を分捕りたい名目が欲しいだけなんだよ。

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 30日

    オリンピックなんざどうでもいいから汚染水なんとかしろよ
    バカじゃねーの
    クズ東電の大株主のくせに何黙ってんだ税金泥棒

    • 名無しさん
    • 2013年 8月 31日

    東電原発事故の10分の1くらいの経済効果しかないんだね

おすすめ記事紹介

スポンサード・リンク

最新記事

  1. exchange
  2. 500円ピザ屋
  3. コロワイド株はどうなる
  4. 免許と規制緩和
  5. CC176164446_TP_V
  6. 日銀

投資ブログ更新情報

ピックアップ記事

ピックアップ記事2

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る