menu
  1. 原油が超絶バーゲンセール中!先物がおもしろそう!
  2. 20代の平均貯金額は468万円だが中央値で見ると実は56万円しかない。…
  3. バリュー投資で65万を25億に利殖した片山晃氏のライフスタイルが堅実過…
  4. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄い。
  5. 中国株で大損したおっさんの最新画像が発見される!
  6. 看護師を一斉退職に追い込んだモンスターペアレンツによる執拗なクレームと…
  7. 株とかFXみたいなギャンブルで楽して金儲けしてる奴、正直見下してる
  8. 「賃貸と持ち家の生涯コストは同じとだと言ったな。あれは嘘だ!」
  9. 証券会社の営業だけどなんでみんな株買ってくれないの!
  10. 【悲報】世界最強の投資銀行ゴールドマンサックスが日本株の買いを推奨。ア…
閉じる

FX2ちゃんねる|投資系2chまとめ

スポンサード・リンク

中国の不動産投資バブルが崩壊の一途。素早い売却のため20%以上も価格を下げるケースも。

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/03/20(木) 14:42:41.24 ID:???
中国本土における信用収縮で資金繰りに窮した中国人富裕層が、香港に保有する高級住宅を叩き売りしている。  中国人富裕層は香港の不動産価格高騰を招いた犯人として批判を浴びてきた。
no title
2012年第3・四半期に販売された新築高級住宅は、43%が中国人富裕層が購入した。その後、外国人購入者を対象とした増税が導入され、借り入れコストの上昇も相まって需要は後退。ことしは不動産価格が10%下落すると予想されており、売却を急ぐ動きが強まった。

時を同じくして中国の金融環境が引き締まり、今週は35億元の負債を抱える中国の不動産開発会社が経営危機に陥り金融リスクの広がりが懸念された。

センタライン・プロパティーのアカウントマネジャー、NortonNg氏は「中国本土の売り手の中には流動性の問題、例えば本土で経営している企業が何らかの困難に見舞われるといった問題を抱え、キャッシュ確保のために住宅を売却した例が見られる」と説明した。

不動産の代理店によると、現在香港で売り出されている中古住宅の約3分の1を中国本土の人々が保有しており、この比率は1年前の20%から高まった。多くは市場平均を5─10%下回る価格を提示、中には素早く売却するために20%も下げるケースもあるという。

ソースは 
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2J03R20140320



7: Sponsored Link 2015/12/01(株)

3: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:44:55.95 ID:S8zbMMEq
バブル崩壊が始まりましたね。

40歳以上の日本人は、1990年代前半のバブル崩壊を
憶えているから、これから何が起こるか、だいたい分かる
よね。

6: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:47:10.47 ID:Mc4piROc
いやこれが底だ!
持ちこたえれば必ずまた上がるぞ

52: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:44:11.02 ID:bruVDDeU
>>6
ひどいことを言うw
バクチで負けを取り返そうとさらに突っ込むように勧めてる。

54: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:59:42.55 ID:mpdilwUx
>>6
日本のバブル崩壊もそんな感じだったなぁ。(遠い目)

60: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 17:28:49.75 ID:/T8EMMya
>>54
そうそう。
96年頃の雑誌なんかを見ると「底打ち感。来年から一気に反転」みたいな記事が
並んでる。

7: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:50:22.37 ID:HEV944Mn
今が買い時、大チャンス。
そんな金持っていないから、テキトーに言っておく。

8: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:51:03.06 ID:ItMcCM07
世界情勢が混沌としてきたからなあ。
中国は尖閣で国民を炊きつけてるけど、無駄なことをやってるとしか思わないw

13: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:58:13.20 ID:w6liYAfr
本格的に始まりましたね。
全く同じだもの。

世界の主要都市に飛び火するのか、しないのか。

15: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:59:08.42 ID:S8zbMMEq
日本でバブルが崩壊したときも、自殺者が出たりしたよな。

本当に頭のいい人は、バブルの時代に、土地や株を買わなかったんだよ。

そういや、バブルの時代には「地上げ屋」ってのがいて、立ち退かない
住民に嫌がらせをしたりしてたけど、考えてみれば、あのときに土地を
売って引っ越した人たちが、いちばんカネを稼いだんだよな。
もちろん、嫌な思いはしただろうけど。

17: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:02:48.04 ID:aoVQc2TR
日本人は他の国の人達も日本人と同じくらいバカだと思ってるから
中国のバブル崩壊をずっと待ちわびてたけど
おそらく日本人の期待する形の崩壊は来ないよ

あいつらは成功すると舞い上がって見境なくなる日本人と比べると
ガッカリするくらい慎重で地味な気質
アグネスチャンが人気絶頂アイドルになったのに、親がこんなのダメだと
芸能人やめさせてちゃんと学生させたけど、上から下までそういう連中が多い
アグネスと同時代に人気出て天狗になって落ちぶれてあの人は今になった日本芸能人がどんだけいたか

20: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:10:20.84 ID:e5ENPmCN
>>17

中国人が賢いのではなく、中国のバブルを共産党が必死に統制してるからだよ
独裁国家だからそれができるだけ アグネスは日本を貶めるために雇われた中国のスパイやん

18: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:03:20.52 ID:jj2DoF32
中国で財産持っててもどうにもならなくなってくる

23: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:15:37.89 ID:HEV944Mn
中国本土人の不動産投資って、そもそも投機的な意図が強いらしい。
つまり、簡単に売ったり買ったりする。
価格低落傾向となれば、高値のうちに売り急ごうとするだろう。
あがけばあがくほど、恐慌の度合いが高まる。困ったね。

24: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:16:32.43 ID:/3b84q8E
バブル崩壊はもう少し先かな

中国人は根っからのバクチ好きだから、鉄火場にはダボハゼのごとく飛びつく
こいつらが相場を少し維持して、そこからがジェットコースターになる

29: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:28:47.97 ID:0rsD3g7f
http://jp.advfn.com/exchanges/FX/USDCNY/chart ドル元為替チャート

もうすでに来てるんだけど株価は操作できてるようでバブル崩壊が見えない

31: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:42:15.55 ID:HEV944Mn
>>29
中国企業の株式・株価というのは、いわゆる西側企業の株式・株価
と同列に考えていいものだろうか。とても疑わしいと思います。

56: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 17:05:23.67 ID:mpdilwUx
>>29
上海総合はリーマンショック前にバブル崩壊して1/3以下なって多少回復したと言っても2000ちょい位じゃん。

32: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:43:07.53 ID:iKvx1R5/
中国本土から逃げた富裕層が次の投資先に目を付けているのが日本の不動産

34: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:49:17.64 ID:HEV944Mn
>>32
特に水源地に目をつけているとか。
笑っちゃうね。水を運ぶ費用は膨大。
怪しげなブローカーにだまされて、中国の
にわか成金が「投資」しているんだろうか。

38: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:00:01.22 ID:b4C1YQ4C
>>34
あれ、どう見ても、原野商法だよなw

49: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:31:47.91 ID:iRUHs4CH
>>34
日本人の発想は水を運ぶだろうが、
中国は水は運ばない。人間を水源に連れてくるのさ。

35: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 15:52:24.48 ID:IQq6i4Aq
チャイナ投資家の尻にいよいよ火がついたな
これまではパンツが焦げてた程度だったけどw

39: 現代の虐殺国家 支那   2014/03/20(木) 16:00:20.86 ID:xc4w39m9
まあ,支那共産党自体がバブルだからねえ。

支那共産党だけ解放軍もばらけて、崩壊するだろう。
それは、たった一発の銃声から始まる。

43: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:18:53.22 ID:S8zbMMEq
no title

2階のバルコニーがえらく華奢な感じがするんだが、
地震がないから、これでも問題ないのかね?

46: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:22:43.32 ID:1ryQje9D
これからどんどん下がるのに、買う奴いないだろう。

50: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 16:35:45.74 ID:oJ70l1QO
何度も何度もバブルは弾けて。
それに関わってた人は悲惨な目に遭って。見せしめに党幹部が銃殺されて。

でも、根幹が中央資金拠出によるファンドだから、幾らでも簡単に起こせる…。
人なら幾らでも居るし。

55: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 17:02:29.50 ID:PrvzO9ZD
上海市場も、午後から下げ幅はまだ大したことないが、ダダ下がりですな
当然東京も下げですがw

58: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 17:22:51.47 ID:B4pr3PXq
不動産の転売狙いの投資は売買のタイミングが至難の業だ。
また賃貸収入狙いの場合は更に維持管理費用や賃貸料の回収不能(滞納)リスク
もあり何割かの人が大損で終わってる。大損で叩き売りの物件を手に入れるのがプロw

62: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 17:43:39.72 ID:qIXxItwq
一昨年の秋に中国不動産危機が言われてたよね
1年半もったから、本格的な崩壊が始まってもおかしくない

9: 名刺は切らしておりまして 2014/03/20(木) 14:53:05.74 ID:HEV944Mn
いよいよ来たのかもしれないね。待ちくたびれたような気もする。

引用元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1395294161/




999: Sponsored Link 2015/12/01(株)

関連記事

  1. 中国人 「日本人は中国から『小日本』と呼ばれていることをどう思っ…

  2. 中国企業の侵略 英金融街の建設に巨額投資 、「シティ」、「カナリ…

  3. 中国紙「日本の小売企業が中国市場で『惨敗』した理由」

  4. 大手銀行HSBC、韓国全支店を閉鎖。撤退へ。

  5. 中国で今度は社債デフォルト危機発生。太陽光電池メーカー上海超日が…

  6. 韓国人は4年後、日本人よりお金持ちになる←まぢ?

ピックアップ記事

ツイッターで更新情報をお届け☆

おすすめ記事

  1. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄いver2015
  2. あの超有名FXコピペのノーカットバージョンがリアル過ぎる。
  3. 野村證券の一日を記したコピペが壮絶過ぎる。
  4. 100万→1億を達成したオールラウンドトレーダーの思考が凄い。
  5. 長期投資で億を達成した株板住人がコツを公開してくれたよ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 3月 20日

    う~む、どうなるのかしらね

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 3月 20日

    人間は何度でもバブルに踊って失敗する。本当に人間に学習能力があればリーマン・ショックなど起こらなかった。

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 3月 21日

    しぶといな中国コックローチは

おすすめ記事紹介

スポンサード・リンク

最新記事

  1. 東谷暁は『エコノミストは信頼できるか』(2003年)においてエコノミスト25人を格付けしているが、武者をトップクラスのAaaと評価した。「IT革命騒動の際の的確な見通しには感嘆せざるを得ない」と解説。一方、『エコノミストを格付けする』(2009年)では、40人中最下位クラスのB3と評価。「ITバブル崩壊の際に、あれほど予想を的中させた武者氏が、今回のサブプライム問題では見る影もなく予想を外している。行う予想がほとんど裏目に出るというありさまだった」と解説した@wiki
  2. 燃料サーチャージ推移
  3. 積立NISAとは
  4. 追加赤字国債の発行を検討
  5. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  6. カジノ関連株が上昇!
  7. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  8. 17262
  9. opec
  10. スティーブン・ムニューチン財務長官候補

投資ブログ更新情報

ピックアップ記事

ピックアップ記事2

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る