menu
  1. 看護師を一斉退職に追い込んだモンスターペアレンツによる執拗なクレームと…
  2. 中国株暴落で大損した投資家の姿をご覧ください。
  3. バリュー投資で65万を25億に利殖した片山晃氏のライフスタイルが堅実過…
  4. 「鮮度が落ちる」とクビにされたカフェ・ベローチェ女性店員が訴訟を起こす…
  5. 20代の平均貯金額は468万円だが中央値で見ると実は56万円しかない。…
  6. 太陽光発電パネル200枚(約1,200万円)が突風で吹き飛ぶ。ソーラー…
  7. 「賃貸と持ち家の生涯コストは同じとだと言ったな。あれは嘘だ!」
  8. 証券会社の営業だけどなんでみんな株買ってくれないの!
  9. 中国株で大損したおっさんの最新画像が発見される!
  10. 【悲報】世界最強の投資銀行ゴールドマンサックスが日本株の買いを推奨。ア…
閉じる

FX2ちゃんねる|投資系2chまとめ

スポンサード・リンク

「メタンハイドレート商業化は無理」の声が噴出 資源大国という壮大な幻

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:23:52.72 ID:???0.net
「メタンハイドレート商業化は無理」の声が噴出 資源大国という壮大な幻
20100924_5
「思ったより出る。想定したよりも出ている!」。昨年3月、海底のメタンハイドレートから取り出したメタンガスが船上から赤々と燃え、茂木敏充・経産相がそう無邪気に喜ぶ姿がテレビに大きく映し出された。
 
映像は、経産省所管の独立行政法人、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が、2年の準備期間を経て愛知県沖で実施した海洋産出試験の様子だ。「大成功だった」と当初は報じられた試験。しかし、その後の開発検討会で明らかになったのは、これ以後、太平洋側メタンハイドレートの開発が暗礁に乗り上げた現実だった。

当初計画では2週間連続での生産を予定していたが、わずか6日で打ち切りとなった。原因となったのは、坑井内の設備に砂が詰まって動かなくなるトラブルだった。海底資源開発に詳しい複数の関係者が口をそろえる。「砂の問題は起こるべくして起こった。JOGMECが信じてきた生産手法はやはり、根本的に誤っていたのだ」。

メタンハイドレートからガスを取り出す手法で最も有効だとみられてきたのが「減圧法」(左図)だメタンガスと水とが高圧・低温の条件下で結合して固体になったものがメタンハイドレート。
ならば海底下で圧力を下げれば、ガスは分離して地上に向かって浮いてくる。減圧法はそうした理屈を適用している。

だが、ある資源開発企業の社員は首をかしげる。「地中で圧力を下げてガスを取り出せば、その周辺部との圧力差が生じるため地層内で崩壊が起こり砂が交じるのは、この業界では常識だ。しかしその対策が不十分だったため、国は100億円以上投じてムダな実験をしてしまった」。

海底資源を研究するある大学教授も手厳しい。「減圧法の問題点は、ずっと前から国の審議会で指摘されてきたもの。あの試験では、やはり無理なことがわかっただけだ」。経産省は当初、今年中にも2回目の海洋産出試験を行う予定だった。だが生産手法の欠陥が浮き彫りになったことで「なぜ砂が入ってきてしまうのか、さらなる原因分析と技術課題克服に時間を要する」(JOGMEC石油開発技術本部の中塚善博氏)と、延期を決めた。
 
●延期を繰り返すメタハイの開発計画
計画を設定するもうまくゆかず、先送りする──。これは幾度となくあった光景だ。
最初に経産省がメタンハイドレートの開発計画を打ち立てたのは2001年。そのときは16年を商業化に向けたメドとしていた。それが「海洋基本計画」が始まった08年には「今後10年以内(18年まで)に商業化」となり、13年4月には「昨年時点の状況を踏まえて再検討を行った結果」(資源エネルギー庁)さらに引き延ばされ、現在は「平成30年代後半まで」、つまり向こう13年までに商業化を目指すとしている。
「残念ながらこの目標すら楽観的だろう」と、エネルギーとコストに詳しい産業技術総合研究所の大久保泰邦氏は言う。「どのくらい回収できるかわからないし、回収技術のメドも立っていない。商業的に意味のある埋蔵量としてはいまだゼロだからだ」。

資源開発の世界では「資源量」と「埋蔵量」とを明確に区別する。資源量とは、単に物理的に存在する量を指す。埋蔵量は、資源量の中で実際にビジネスとして成立する量を指す。「日本で使用する天然ガスの100年分以上がある」という通説は、あくまで資源量の推計だ。12年、経産省が国の指針に基づき、プロジェクト継続の妥当性を外部有識者を招いて審議する、中間評価が行われた。

この報告書には評価委員からの辛辣な言葉が並ぶ。「現時点ではまったく事業化の見通しが立っていない」
「原点に立ち戻り再検討する必要もある」。経産省側が最低46円/立方メートルと、今のLNG(液化天然ガス)価格に近い生産原価の推計を公表し現実性を訴えても「このようなコスト数値を出せる段階ではない」と根拠の弱さを突っ込まれる始末。
結果として経済性に対する評点は3点満点中1.29点。1点以下は「不可」なので落第寸前の「可」だった。
http://dot.asahi.com/news/domestic/2014061600084.html



7: Sponsored Link 2015/12/01(株)

2: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:24:00.98 ID:???0.net
資源として根本的に割に合わないという声も上がる。資源の有用性を判断する指標にEPR(エネルギー収支比)がある。

EPRは採取したエネルギーと、採取に要したエネルギーとの比のこと。1を割り込めば割に合わないことになるが、資源開発工学を専門とする石井吉徳・東大名誉教授は「メタンハイドレートのEPRは1以下だ」と断言する。「穴を掘れば自噴する天然ガスのように濃縮されてはおらず、ただ海底下に薄く広く存在する。減圧・加温などで採取に要するエネルギーも大きい」。

当のJOGMECは、EPRについて「公式的な算定値がないため何も言えない」と答えるのみだ。
運営側の本音を探っても、懐疑論が聞かれる。JOGMECからの委託で上述の愛知県沖の海洋産出試験で運営を担った石油資源開発の元役員が語る。「メタンハイドレートの商業化は、今の1バレル=100ドル台の原油価格では絶対に無理。遠い将来、石油資源が枯渇して油価がさらに上がったとき、もしかしたら商業化できるかもしれない、という時間軸のものと理解してほしい」。

石油資源開発の首脳もメタンハイドレートの実用化には懐疑的との情報が漏れ伝わる。平成30年代後半の商業化という国の方針について、「立場上オフィシャルには言えないが、難しいとの認識」と複数の関係者は証言する。 海底熱水鉱床はどうか。海底資源開発に携わる企業に尋ねると、技術的な壁は低そうだ。「メタンハイドレートは生産技術を一から開発しているが、海底熱水鉱床は採掘・揚鉱(引き上げること)などに
陸上の鉱山技術が応用しやすい」(三井海洋開発の中村拓樹事業開発部長)。

実際、ビジネスになると見込んで開発に乗り出すベンチャー企業が海外には複数存在する。
著名なのはカナダに本社を置くノーチラス・ミネラルズ社だ。パプアニューギニア沖に保有する海底熱水鉱床権益「ソルワラ1」の開発計画を進めている。権益の分配をめぐるパプアニューギニア政府との交渉に時間を要してきたが「現地政府との協議はようやく決着した。年内にも採掘用の船を発注する」と同社のマイク・ジョンストンCEOは熱を込める。商業採掘は17年ごろになる見通しだという。

1997年の設立後、費用が先行し経営は苦しい状況が続いてきた。だが英アングロアメリカン社やロシアのメタロインベスト社など出資者には資源メジャーが名を連ね、資金繰りを支えてきた。実際に投資が集まる背景に、ソルワラ1の品位(有用鉱物の含有率)が挙げられる。海底熱水鉱床の鉱物のうち、経済的に重要性が高いのは銅と金だ。

この点、ソルワラ1の銅品位は8.1%。枯渇が進む陸上での銅鉱山の平均的な品位は0.6%程度のため、驚異的な数値といえる。「だから陸上より採掘コストが低く採算が取れる。これがもし2%だったらできない」(ジョンストンCEO)。 ひるがえって、日本の海底熱水鉱床の品位を、ソルワラ1と比較してみよう(右表中段)。現時点でJOGMECが品位を明らかにしているのは沖縄海域と伊豆・小笠原海域の2地点だが、銅品位の低さは一目瞭然だ。ノーチラス社の探査開発担当役員のジョナサン・ロウ氏はこう評価する。
「伊豆・小笠原海域は銅は少ないが、亜鉛と金が多く含まれており採掘価値はある。
しかし沖縄海域は、銅の含有率が低すぎて、これでは儲けがでない」。
 
品位だけではなく鉱量の問題もある。日本近海で発見された鉱量は、商業化するにはあまりに少ない。
JOGMECによれば、海底熱水鉱床生産が商業的に成り立つには最低でも2000万トンの埋蔵量が必要だと推計される。三井物産戦略研究所で海洋政策を担当する織田洋一氏はそれ以上必要と見る。
「機材購入に400億円、償却20年と考えると、国際基準の鉱量計算で測定した埋蔵量が最低4000万トン必要だ」。 08年に海底熱水鉱床の開発計画が始まってから5年経つ。が、現状で確認できたのは340万トンの資源量にすぎない。

海底熱水鉱床も「平成30年代後半」の商業化を目標とするものの、あと13年で2000万トン近い埋蔵量が見つかるだろうか。それ以外にも、高い濃度で含まれるヒ素や水銀の処理をどうするか、深海底に生息する生物への悪影響はないかなど、課題は山積だ。
「現実的には商業化はうまくいって平成50年以降になるのでは」。取材に対してJOGMECの辻本崇史理事はあっさりとそう答えた。
メタンハイドレート実用化の目処

6: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:26:34.25 ID:6OK0Hnzy0.net
日本は火山国だからはなんでも資源はあるよ
採算が合わないけど

52: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:40:00.17 ID:ls0ccrN40.net
>>6
そうなんだよね……
採算が合わない

9: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:27:04.94 ID:fqb+2gep0.net
シェールガスも昔は無理だと言われていたんだが

27: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:33:48.26 ID:zV1n30t50.net
>>9
無理だとは言われてなかったよ
当時は採算が合わなかっただけ
石油が安かったからね

55: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:40:23.70 ID:6dqKCJF50.net
>>27
それを言うならメタハイも同じだぞ。
採掘自体は可能だがコストがかかりすぎて割りに合わない。

150: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 23:01:53.31 ID:BurSCjTh0.net
>>55
採掘の難易度が段違いだよ
海底から凍ったメタンを採掘するのは本当に難しい

14: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:28:27.39 ID:bb7GvM4v0.net
いやだから日本海側のを採れと

15: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:28:39.91 ID:lS9xrhQ50.net
日本海側の試掘も早う

16: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:28:44.74 ID:mNGlMKdx0.net
メタンハイドレート商業化で
困る人って誰?

23: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:31:19.48 ID:I74ajlm10.net
>>16
財務省

19: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:30:25.76 ID:VEMsK5cu0.net
昭和の連中ならどうにかして取り出すと思うがな
やっぱり平成の連中は頭でっかちなんだな
頭も底が浅いわw

33: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:36:05.83 ID:/UMFElJX0.net
>>19 昭和のトロンと同じ構図だと思うが

提唱してる教授が、大学の椅子にしがみついて、自分だけ安全なところから
好き勝手な事を言ってるだけだから
そりゃ事業化なんて無理だよ

25: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:32:07.26 ID:Dv9gu1yI0.net
日本海の露出したメタハイをどうやってコスパよく採れるんだろうね。
日本海なら簡単に採れるって人がいるけど、逆でしょ。まあできないと決めつけて研究をやめることはないと思うが。
メタハイ関連で良くないのは遅々として開発が進まないことに変な陰謀論が跋扈してることだよ

92: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:50:02.97 ID:tChtGcib0.net
>>25
1000メートルの深海から固体を引き上げるなんて人類未踏の超技術だからな

石炭の露天掘りかなにかと同じ程度にかんがえてるんじゃないのかね

28: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:33:56.25 ID:zW634WI30.net
かつて絶対に無理だと言われたことを
人類はいくつ実現してきたことか
無理だと決めつけて挑戦者の足を引っ張る奴は生きてる資格なし
何もしない奴よりも有害だから死ね

44: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:38:50.23 ID:XYVcg1QN0.net
もともと失敗がわかっててやった
未知の技術に巨額の税金が使われるときはそんなものだ

46: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:38:53.49 ID:dtsbjfGK0.net
なんやかんやいっても技術にだけは投資しといたほうがよいだろね。

74: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:45:18.46 ID:Vp8obz8Ji.net
輸入原油よりどうやっても物理的に遥かにコストが高いんだからあと100年以上はかかる

75: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:45:34.20 ID:JTmjb8fD0.net
まだ石炭掘った方が全然安いからな

76: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:46:00.63 ID:QxGmwo8o0.net
メタンハイドレードの商業的採掘は日本海側でも現状の技術では無理。
採掘には海底を耕すように浅く広く掘り返すような採掘が必要になるが、
それは水産資源に甚大な悪影響を与えかねない!。

89: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:48:51.24 ID:K+lm+05a0.net
>>1
低コストで実績のある水力発電を限界までやるべき
スイスでは水力発電だけで電気の65%を発電

山地が多く雨が多い日本でも水力で50%以上は可能

97: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:51:10.57 ID:jNogH5r50.net
>>89
ダム作るとそれだけ豊かな自然が消えるんだが
中国の三峡ダムみたいに世界遺産級の自然を破壊してまでダム作る意味ってなんなんだ?
それよりかはなんとか温泉利権を黙らせて地熱発電を開発したほうがいい

100: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:51:23.00 ID:8BB3BQYS0.net
開発の経済規模が大きいほど利権は大きい。
ホントはダメだとわかっていてもたかれるうちにたかっておきたい。

111: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:53:49.43 ID:0lxUDjub0.net
>>1
現時点で無理なことは知っている
北海油田もシェールガス・オイルも発見当初は無理だと言われていた
何しろ当時の原油価格は1バレル2ドル!!
第1次オイルショックで12ドル、第2次で40ドルになった。
近年は100ドル超えしたりして、50ドル掛けても儲かるようになった。

メタンハイドレートのカロリー換算採掘費用と、その時のガス・オイルの価格次第

116: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:54:31.77 ID:HQGzTdRW0.net
何でもそうだけど新しいものが生まれる時には強い抵抗がある
既得権益を失う恐れのある者たちが反対するに決まってるからな

117: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:54:37.56 ID:8YYtEmPD0.net
米はシェールガスというかフラッキングは1970年代から研究していた。
ブレイクスルーを起こしたのは2000年台前半。そして今では安く採れすぎて後発企業は倒産。
こういいう中長期のパースペクティブで表裏を確かめながら物事を見よう。
ブレイクスルーに時間はかかる。資源が安く取れるだけで全てが解決するわけではない。
そうした視点でもメタハイはかなり怪しい。。。

134: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 22:58:38.83 ID:jkiXdB5B0.net
この記事は現状では無理だって話だろ。
技術開発次第ではなんとでもなるんじゃねーの。悲観的すぎ

147: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 23:01:20.73 ID:8BB3BQYS0.net
>>134
アノネ、
技術が進むとシミュレーションだけでやる価値がないことがわかったりするから、
なんでも技術の進歩で可能になるわけじゃないのよ。
見切りをつけられるのも早いの。

201: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 23:14:23.81 ID:jkiXdB5B0.net
>>147
その利益がでる採掘をするためにはどうすればいいかって考えるのが技術開発だろうが。
現状の選択できる方法でシミュレーションしたって採算合うわけねーだろ。

226: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 23:22:19.14 ID:QGs53FpT0.net
今の技術じゃできんだけでしょ
研究を止めるわけじゃねえんだから
無理と決め付けんでもいいんじゃね?
研究開発は時間も金もかかるもんだしな

999: FX2ちゃんねる 2014/07/77(株) 00:03:28.03 ID:fx2ch.net

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403270632/




999: Sponsored Link 2015/12/01(株)

関連記事

  1. 【資源】政府ついに本腰、メタンハイドレート開発に1兆円投入?[1…

  2. 世界が移民を排斥する中、移民を推進する日本は何を考えているのか?…

  3. 日銀副総裁「(異次元緩和の)出口戦略はありまぁす!」

  4. 【インフレ対策】物価に連動して利回りが変わる物価連動国債の発行予…

  5. なぜ日の丸家電は世界に負け続けるようになったのか?

  6. 【日本復活】技術大国日本が世界を席巻する技術を開発した。【スパイ…

ピックアップ記事

ツイッターで更新情報をお届け☆

おすすめ記事

  1. 株で億の資産を築いた2ch株板住人が晒してくれた手法が凄いver2015
  2. あの超有名FXコピペのノーカットバージョンがリアル過ぎる。
  3. 野村證券の一日を記したコピペが壮絶過ぎる。
  4. 100万→1億を達成したオールラウンドトレーダーの思考が凄い。
  5. 長期投資で億を達成した株板住人がコツを公開してくれたよ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (16)

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    ガソリン業界はじめ、今の既得権益が潰しにかかってくるのは当たり前。戦っていくしかない。

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    不思議だな
    砂が入ってくることなんて想定内のはずなのに
    そんなことも知らないバカが作ったのか?

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    ※2
    知ってるに決まってる
    知ってて「研究費」云々の名目で国から金を搾り取ってるだけ
    実現化する必要なんて一切ないからな
    スレには騙されてることにまだ気づいてないアフォが大量にいるし
    詐欺研究者としては笑いが止まらんだろうな

    • 名無しさん
    • 2014年 6月 22日

    資源大国になっては困る国から圧力がかかってるはず。
    お前らは輸入国でおkとのお達しがきてるに違いない

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    砂と気体の分離ならなんとかなりそうな気がするんだけどな
    フィルター濾過だと砂が細かすぎて分離できないってだけだろ
    混合物の分離なら液体同士でも蒸溜とかの方法が考え出されたわけだし、石油が無くなるまでに発明される可能性はあると思うんだけど
    スーパーコンピュータの仕訳で、「アメリカの企業から部品を買って富士通が組み立てる」ことが、日本の技術の進歩になるとは俺には思えなかったが、野依をはじめノーベル賞技術者があれだけ「日本の科学技術の進歩につながる」と言ってたわけだし
    頭のいい人達が「不可能」と言ってるなら不可能なんだろうな

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    日本海側やんないのかな
    独立総合研究所で採取してたような。

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    愛知沖で採掘した結果太平洋側で暗礁に乗り上げたと最初書いておきながら、日本近海全部がダメなような印象操作してるな

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    正直メタンハイドレートには期待していない
    濃集されている、大量にある、経済的な位置にある、の資源利用するために不可欠な3条件を満たしていない
    技術革新で変わるかもしれんが、そもそもEPRが1を越えないのに掘る意味あるのか?

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    ※8
    3条件を満たしていないソースは?

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 22日

    核融合発電や人工光合成の亜種みたいなもんだ
    数十年後には実用化できる、って数十年間同じことが言われ続けるんだよ
    実用化できるとしてもずっとずっと先の話
    何段階もブレイクスルーが必要

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 23日

    超電導リニアは世界中から無理だと言われていたよね。
    現代ではどうでしょう?
    日本の研究者と技術者は素晴らしいと思っています。

    • 名無しさん
    • 2014年 6月 23日

    そうだよな、巨大な鉄の塊が空なんて飛ぶはずないよな

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 25日

    関東圏はガスと石油出るよ

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 25日

    現時点で「実用化には100年かかるからやっても無駄」と言っていたら、100年後にも同様に「実用化には100年かかる」としか言えない訳で、永遠に実用化は不可能だ。
    技術開発を続けない限り、未来は無いんだよ、

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 6月 26日

    日本海側も一緒。
    100m、200m程度の深さの海に沈んだ船を引き上げる自体でも凄まじく困難なことなのに、1000mもの海中を果てし無く広く耕せとか、んなもんいまの技術でできるわけなかろう。
    できるなら某国の沈没船先に引き上げとるわ。

    • 名無しの投資家さん
    • 2014年 10月 24日

    先端研究ってのは投資だしね、失敗して文句をいうのはいいけど、金返せはありえない。STAP細胞も同じ。~年後にこの時に開発した技術が思いがけないところで役に立ったりするわけだが

おすすめ記事紹介

スポンサード・リンク

最新記事

  1. 東谷暁は『エコノミストは信頼できるか』(2003年)においてエコノミスト25人を格付けしているが、武者をトップクラスのAaaと評価した。「IT革命騒動の際の的確な見通しには感嘆せざるを得ない」と解説。一方、『エコノミストを格付けする』(2009年)では、40人中最下位クラスのB3と評価。「ITバブル崩壊の際に、あれほど予想を的中させた武者氏が、今回のサブプライム問題では見る影もなく予想を外している。行う予想がほとんど裏目に出るというありさまだった」と解説した@wiki
  2. 燃料サーチャージ推移
  3. 積立NISAとは
  4. 追加赤字国債の発行を検討
  5. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  6. カジノ関連株が上昇!
  7. %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  8. 17262
  9. opec

投資ブログ更新情報

ピックアップ記事

ピックアップ記事2

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る